ブログ構築

ブログサイトが重い?5時間かけて改善した方法

 

 

ブログのサイトが重くて、訪問いただいた方たちには
大変ご迷惑をかけました。

 

 

ブログ運営でサイトがパッと開かないと
やはり来ていただいた方もイライラしてしまう。

 

 

 

一昔前までは8秒ルールというものがあり、
8秒以内に開くサイトが基本でしたが、

 

今ではネット環境も大容量の高速化が進み、
3秒ルールというものが暗黙の了解である。

 

 

私のブログサイトも非常に重く、一体何秒で開けるか
数えてみた。

 

 

 

結果はなんと!13秒。

 

3秒ルールーからすると10秒も長い。

 

 

これではさすがにイライラされてしまう訪問者も多いと思い、
重い腰を上げて修正をしてみた。

 

 

 

 

そもそも原因は何が考えられるだろうか?

 

 

私はSIRIUS(シリウス)を使用している。

 

 

【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」

 

 ↓ ↓ ↓

 

http://www.infotop.jp/click.php?aid=303223&iid=44072

 

 

なので

 

まずは手っ取り早く、SIRIUSに原因を問い合わせしてみた。

 

 

SIRIUSからの回答はサイドバーのランキングページが
原因の可能性があるとの指摘を受けたので早速修正してみた。

 

 

ん?全然変わらない。

 

 

やはり楽をしようと思ったが、そう簡単にはうまくいかず。

 

 

次にサイト読み込みに時間がかかる原因を色々サイトで調べてみた。

 

 

調べた結果をまとめてみると

 

 

サイト閲覧側に考えられるのは、

 

  • インターネット速度
  • ブラウザの環境
  • コンピュータ自体の速度が遅い

 

などの原因がある。

 

 

 

ホームページ作成者側に考えれる原因としては

 

  • サイト上の画像を最適化していない
  • 容量が非常に大きいMP3ファイルが読み込まれている
  • HTMLアプリを使い外部コードを多数埋め込んでいる
  • コンテンツが非常に多い
  • フォント(1〜3個が最適)や色を多用している

 

などがある。

 

 

もちろん上記以外にも多くの原因が考えられる。

 

 

そこで

 

ページの読み込み速度を確認してみた。

 

 

Google社が提供する「PageSpeed Insights」を使用してみた。

 

このPageSpeed Insightsはウェブページのコンテンツを解析し、
ページの読み込み時間を短縮するための方法などを提案してくれる。

 

→ PageSpeed Insights

 

PageSpeed Insightsを開くとこのような画面が出るので、
調べたいウェブページのURLを入力。

 

 

入力するとモバイルとパソコンの両方を

 

修正が必要 
修正を考慮 
ルールに合格

 

という感じで分析してくれる。

 

 

私の場合はページを開くときに読み込むものが多く
その中でもユーチューブの動画が一番改善が必要。

 

その他はやはりランキングサイトだった。

 

改善方法に従って圧縮やらなにやら色々試してみた。

 

 

その結果、13秒まではかからなくなったが、
それでも他の方のサイトに比べると十分遅い。

 

 

どうしようか?

 

 

結局初心に戻ろうと思い、まずはシリウスのHTMLのカスタマイズを
デフォルトして1個づつ修正していった。

 

 

今回の修正で思ったのが、やはり1つの原因で不具合が出っているのなら
ある程度簡単に解決するが、

 

色々な要因が重なってくると1個づつ調べていくしか
方法がない。

 

おかげで5時間もかかってしまった。

 

ブログに訪問していただける方に、少しでも有意義な情報を提供しようと思い、
日々閲覧しやすいサイトを目指して頑張っていましたが、

 

逆に今回はそれがあだになってしまった。

 

 

今回の修正でいろいろ勉強できたので
それなりの大きな成果だった。

 

 

あっ!サイト運営に関してはエンタメさんがおすすめだよ。

 

↓ ↓ ↓

 

あみゅーずがエンタメアドバイザーを選んだ理由

 

あっ!そうそう。
せどりで少しでも実績を出したあなたはこちらも目を通してください!


せどりは即金性に優れていて、ネットビジネス初心者でも
参入しやすいビジネスモデルです。


私も店舗せどりのおかげで、倒産・破産を経験しているにもかかわらず
人生を180度変えることが出来ました。


なので、
本当にせどりと言うネットビジネスはとっても素敵なビジネスだと感じるよ。


しかし、
そんなだれでも簡単に参入出来るせどりビジネスにも
実は弱点があるんだよね。




その弱点とは!?


せどりビジネスはどこまで行っても物販ビジネスなので、
仕入資金や出品・納品作業などのお金や時間などの問題が、
売上が増えれば増えるほど増えてきてしまうということなんだよね。


正直、せどりを一人でやって、月収100万円を安定的に稼ぐというのは、
ハッキリ言って非常に難しいと感じる。



なぜなら、
寝る間も惜しんで仕入れや出品、梱包をしてもそこまで稼げる方は
実は稀なんだよね。



現実に私自身も単発では月収100万円を店舗せどりで稼いだこともあるが、
実際にやってみて思ったことが、


なかなかせどり1本で安定した月収100万円を稼ぐことは
正直、難しいと感じました。



私がせどりビジネスを始めたきっかけは
生活をして行く為に始めました。



でも、本音を言うと、
せどりを取組むことで、自由な時間と自由に使えるお金が欲しくて
実はせどりビジネスを始めたんだよね。



しかし、
実際に店舗せどりをして思ったことが、自分一人でガムシャラにせどりをしても、
自由な時間と自由に使えるお金をせどり1本だけではなかなか得ることも
難しいと感じたんだよね。



そこで、
より利益率やレバレッジを効かせるために、私はブログとメルマガを利用した
情報発信を始めました。



情報発信はせどりほどの資金や労力を使わなくても
パソコン1台で月収100万円もしっかりと安定して
稼ぎ出すことが可能です。



私も店舗せどりを軸に、情報発信を開始して、
パソコン1台で月収70万円を稼ぐ事ができました。



なので、
情報発信を始めるにあたり、
そんなに大きな実績なんていりません。



ネットビジネスで稼ぐには、
黄金ルートというものがあります。



つまり、
せどり→情報発信の流れなんですね。



この流れは現在大きく稼いでいる人、
全てに共通しています。



なので、


あなたも同じルートを通れば、私と同じステージに立つ事は可能です。


最短、最速でネットビジネス成功者になる為には、
正しいノウハウを身につける必要があります。




私も正しいノウハウを身につけたからこそ、
今の環境を手に入れる事が出来ています。




ただし、
正しいノウハウを教えてくれる、本物の情報はなかなか数少ない事を
あなたには一番お伝えがしたい。



あなたがせどりで月収5万円、10万円稼いだのであれば、
今すぐこちらにアクセスして、正しいノウハウを身につけ、
私と同じステージにあなたも立って欲しいと感じるよ。


↓ ↓ ↓



せどりから始める自由人生活

あなたのいいねやツイートよろしくお願いいたします!


このエントリーをはてなブックマークに追加   

応援クリックお願いします。あなたのポチッとが励みになります!


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

記事を読んで何か疑問・質問があったら気軽に問い合わせください。
↓ ↓ ↓
お問合わせフォーム

ブログサイトが重い?5時間かけて改善した方法 ブログサイトが重い?5時間かけて改善した方法 ブログサイトが重い?5時間かけて改善した方法 ブログサイトが重い?5時間かけて改善した方法

関連ページ

あみゅーずがエンタメアドバイザーを選んだ理由
ブログアクセス1日300アクセス達成【1日1000アクセス集める極意】
他では絶対に手に入らない19,800円相当のプレゼント!
独自ドメイン名の違いとメリット【必要なドメインの利用料の検証】
独自ドメイン取得方法【ムームードメイン編】
独自ドメインをサーバーへ設定する方法(ロリポップ編)
SIRIUSシリウスのFTP設定【5分で終わる簡単設定】
ブログを始めるのに無料サイト・有料サイトどちらが良いのか?
メルぞうの無料レポート審査が通らなかった意外な理由
ブログアクセスを3倍以上アップさせる感情を込めた文章の書き方
初心者でも簡単にプロ級のヘッダー画像の作れる方法
シリウス(SIRIUS)トラブル対処方法【サイドバーレイアウト崩れの原因と解決法】
エビングハウスの忘却曲線に学ぶ【せどりに使える効率が良いアウトプット実践方法】
ハンドルネームの重要性と決め方【効果的な3つのポイント】
ブログプロフィールの書き方【抑えるべき重要ポイント】
ブログ記事タイトルの考え方【アクセスアップを狙う為のポイント】
ブログで自分の信頼度をアップさせる簡単な方法
ブログ作成は何を使っていますか?【初めてのブログ入門】
シリウス(SIRIUS)にツイッター(Twitter)枠を設置する方法

 
トップページ プロフィール 目次 メルマガ 無料講座 せどりツアー お問合わせ