Amazon保留も入出荷作業中も全て売上

Amazonで販売後の保留期間が長い注文の意味と対処法

 

 

Amazon販売後の保留期間が長い注文にあなたは
遭遇したことがあるだろうか?

 

 

 

私も今までの経験上、そのような注文に何度か
遭遇している。

 

 

 

はじめはあまり気にしないではいたが、
注文数が増えてくるとかなり目についてくる。

 

 

おそらくこのような状況に遭遇してストレスに感じている人も
たくさんみえると思うので

 

今回は販売後の保留注文の意味と対処方法を解説するね。

 

 

 

保留注文は2通りの種類がある。

 

自店発送の場合は「保留」

 

FBA出品の場合は「入出荷作業中」

 

名称や確認場所は異なるが意味合いは全く同じになる。

 

 

 

「保留注文」と「入出荷作業中注文」の確認の仕方とは?

 

「保留」・「入出荷作業中」ともにAmazonセラーセントラルから確認ができる。

 

「保留注文」はAmazonセラーセントラルのTOPページ左側の
一番上の項目の「保留中」のところで件数が確認できる。

 

保留中をクリックすると保留中の注文の詳細が確認できる。

 

 

「入出荷作業中注文」は以下の手順で確認をしないといけない。

 

 

(1)AmazonセラーセントラルTOPページの注文より注文管理をクリック。

 

 

 

(2)注文管理画面の検索の右横の小再建策をクリックする。

 

 

 

(3)注文の詳細画面の注文期間調べたい期間にし、注文ステータスを保留中を
        選択して検索ボタンを押すと該当の注文一覧が確認できる。

 

「保留中」も「入出荷作業中」注文単位で詳細は確認できるが
通常の決済後の注文と違い、購入者の情報は確認が出来ないように
なっている。

 

 

確認が出来る詳細は販売商品の情報みとなる。

 

 

この詳細を確認時に購入年月日が確認できるので
そちらで長いのか最近なのか確認する形になる。

 

 

 

 

「保留中」「入出荷作業中」はどのような状態でなるのか?

 

まず商品が購入されると全て「保留中」「入出荷作業中」
に必ずステータスが変更になる。

 

 

なぜなら
Amazonが購入者と出品者の中間にいるので、
購入者が購入してから約1時間ぐらいはこの保留中になる。

 

この間に購入者がキャンセルをしたりする場合もあるので
猶予をAmazonの方で儲けている為。

 

 

・購入者から入金があった場合

 

保留中から自店発送なら未出荷にステータスが変更になり、
顧客情報を閲覧できるようになるのでそのまま発送をしたら完了になる。

 

FBA出品の場合は入出荷作業中からそのまま発送済みになる。

 

 

では保留中からなかなか次のステータスに変更にならない理由とは?

 

考えられるのは以下になる。

 

 

コンビニ決済などで未入金
クレジットカードに不備があり変更待ち

 

上記2点は購入者側の都合によるものなので
ある程度は気兼ねに待っているしかなくなる。

 

他には

 

Amazonの不具合

 

これに関してはAmazonの対応次第なので
それほど時間はかからないはず。

 

競合ライバル出品者の妨害

 

一番厄介で腹立たしい行為である。

 

 

しかし

 

これらの理由を出品者側では正直判断は出来ない。

 

あくまでも憶測で判断するしかない。

 

 

正直、1週間〜2週間の保留は、@とAに該当する場合があるので
この期間は本当に長く感じる。

 

 

以上の様になかなか対応する判断が難しいのだが、
基本的にはほとんどのケースが@とAのケースが多い。

 

 

なので

 

特にもしCに該当した場合は怒りがこみ上げるのもよくわかるが、
何のためにAmazonで販売しているかもう一回よく考えよう。

 

 

疑いだしたらきりがないし、全て妨害行為に思えてしまう。

 

 

私たちはAmazonと言うショッピングサイトでビジネスをしている。
お客様に商品を提供してその差益をいただいている。

 

この肝心の「キモ」を忘れないでほしい。

 

 

 

だけど

 

正直この保留期間も何とかしたいよね。

 

 

もし、営業妨害だとしたら本当に機会損失を起こしかねないし
支払いサイクル等もくるってしまう。

 

挙句の果てには利益が取れなくなる可能性もある。

 

 

だから

 

私は以下のような対応をしている。

 

 

購入日から1週間を一つの目安としている。

 

1週間を超えても保留状態が続く場合は
Amazonテクニカルサポートに連絡を入れている。

 

 

保留期間が長い注文がありますが、何か対応した方が良いか
確認をしております。

 

基本はAmazonが対応してくれるので全てAmazonにお任せしてます。

 

 

それが一番穏便に済ませる方法。

 

 

 

もちろん保留中などの注文も強制的にキャンセルすることは可能。

 

 

しかし

 

私は今までに使用したことはない。

 

この対応をすると評価にキズが付く可能性がある。

 

だから

 

基本的にはオススメはしていませんのでご了承願います。

 

ビジネスをしていくと色々な問題が発生するが、
自分のマインドの中心に三波春夫ではないが、

 

 

「お客様は神様です。」

 

の志があればそんなに気にする問題ではない。

 

 

もちろん

 

確信犯を見つけた場合はこのケースはお客様じゃないので
徹底的にケチョンケチョンに思い知らせるが、

 

 

基本的にはほとんどがお客様の都合によるものなので
そのあたりをよく理解して、

 

 

商売に励みましょう。

 

 

あっ!今度は自分自身が悪いことしないようにこの記事も参考にしてね。

 

↓ ↓ ↓

 

店員さんが暴露する、嫌われせどらーの実態

 

【リアルコンサル出張せどりツアー】



・仕入れが出来ません!
・利益が取れる商品が見つけれません!
・どこの店舗に仕入れに行ったらよいかわかりません!


毎日悩み相談のお問合せをたくさん頂きます。


「百聞は一見に如かずです。」


聞いてわからないものは、実際にあみゅーずと一緒に
店舗仕入を回ってみてはいかがかな。


現在、利益率40%以上のせどりを実施している
私のノウハウをあなたに直接伝授するよ!


是非、一度こちらを確認してほしい。


↓ ↓ ↓




あなたのいいねやツイートよろしくお願いいたします!


このエントリーをはてなブックマークに追加   

応援クリックお願いします。あなたのポチッとが励みになります!


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

記事を読んで何か疑問・質問があったら気軽に問い合わせください。
↓ ↓ ↓
お問合わせフォーム

Amazonで販売後の保留期間が長い注文の意味と対処法 Amazonで販売後の保留期間が長い注文の意味と対処法 Amazonで販売後の保留期間が長い注文の意味と対処法 Amazonで販売後の保留期間が長い注文の意味と対処法

関連ページ

Amazon出品規制商品【出品できない規制商品の解除法】
Amazon出品で覚えておいた方が良い豆知識【再販価格維持制度】
Amazon発送代行サービス【FBAマルチチャンネルサービス】
Amazon海外発送を簡単設定【手間がかからない販路拡大】
AmazonFBA長期保管在庫【自動返送/所有権の放棄の設定】
Amazon商品ラベル添付サービス【時間をお金で作る方法】
Amazon最安値以外でも販売できる手法【利益確保する為の3つ秘訣】
Amazon返金処理開始のお知らせ【送料は出品者負担の悲しいシステム】
過失でAmazonアカウント停止にならない為の対処方法
新品・箱つぶれ商品のコンディション基準とは?【Amazonコンディション登録の重要性】
Amazon小口出品から大口出品に変更した方が良い3つの理由
並行輸入品と国内正規品の違いとは?【Amazon並行輸入品の定義】
Amazon倉庫に大型サイズ商品を少しでも安く送る方法
Amazon要期限管理商品の出品方法
Amazon購入者メッセージの対応方法
Amazon出品時のコンディションの選び方【梱包箱なし、新品未使用品の場合】
せどり初心者ノウハウ【プレ値商品の対処方法】
Amazon購入者メッセージの対応方法【返品・返金・顧客対応】
Amazon出品 自己発送商品の返品・返金対応
amazonテクニカルサポートの便利な活用方法

 
トップページ プロフィール 目次 メルマガ 無料講座 せどりツアー お問合わせ