Amazon顧客満足の表と裏

Amazon返金処理開始のお知らせ【送料は出品者負担の悲しいシステム】

 

 

Amazon返金処理開始のお知らせが久しぶりに先日届いた。

 

 

 

私が取り扱いをしている商品は比較的に返品が少ないため、
今までも何度かあったが、返品理由を確認するぐらいで
あまり気にしたことはなかった。

 

 

 

でも
改めて考えてみると返金処理の中身についてあまり良く
理解していないなと思い、今回少し詳しく内容を確認してみた。

 

 

 

まず返品理由の確認の仕方がわからない人もいるかとは思うので、
手順を解説するね。

 

 

セラーセントラルのTOPページからレポートのフルフィルメントを選択。

 

 

 

 

Amazonフルフィルメントレポート画面の返品レポートを選択。

 

 

 

 

フルフィルメントレポート画面のレポート期間を変更して
レポートの生成を押せば、該当のレポートが確認できます。

 

 

 

そちらの方で詳細を確認したり、理由を見れるので一度確認してみてください。

 

 

 

 

私の場合は今回は空気清浄機の返品。

 

 

理由は、間違えて注文した。

 

 

 

チーーーーン。

 

 

 

本当にこの理由はよくある。

 

今回は未開封らしいので再掲載はすぐできたが、
少なからずとも発送から返送までの間は拘束される。

 

 

言ってしまえばこちらに落ち度がない返品は正直かなりきつい。

 

 

 

まぁーー。

 

これだけで済めばよいのだが、送料がねぇ・・・・。

 

 

基本はお客様へ全額商品代金の返金。

 

 

 

今回の事例はこのような感じ。

 

 

お客様に販売時

 

 

 

お客様より返金時

 

 

 

 

 

結果としてお客さんの不手際で返品されると

 

出荷作業手数料・発送重量手数料・月間保管料は
Amazonに取られっぱなし。

 

 

それに微妙に返金が合わないので、
細かいところでまだ何かとられてるみたい。

 

 

 

正直理由によっては送料ぐらいは購入者の負担とかに
改善されると本当にうれしいのだが、

 

 

顧客満足度を重視しているAmazonからするとなかなかその辺の
ガイドラインは変わらないから仕方ない。

 

 

 

仮に

 

不良品返品でFBA在庫になってしまった商品は、まず再販は不可能。
基本的には自宅返送になる。

 

 

この自宅への返送も料金がとられる。

 

でもこの場合は出品者側の落ち度で不良品を販売したのでまだ納得がいく。

 

 

FBA倉庫からの返送料は1個あたりに対して取られるので、

 

 

小型・標準サイズは51円

 

大型サイズは103円

 

 

ここで勘違いしてほしくないのが、1配送あたりではない。

 

1個あたりだから、少し返送商品をストックして
同梱で返送すればと思っている人。

 

 

これは全くの無駄。

 

 

返品商品もFBA保管料を取られると思うので、
返品されたらさっさと自宅に返送してもらおう。

 

 

商品破棄という方法もありが、実際に返送をしてもらうと
不良返品なのに全く商品的に問題無い場合もある。

 

 

ただ新品などは開封されて、返品されるのが悲しいかな。

 

 

 

万が一不良品だったら、仕入れより日数がたっていなければ
仕入店舗などで対応してもらうようにすれば、

 

 

新しいものと交換してもらえるかもしれないし、
最悪は修理で対応してもらえるので

 

保証書があるものは対応はしてもらうべき。

 

 

保証もないようならヤフオクなどでジャンク品で
少しでも仕入れ資金回収。

 

 

最悪はハードオフでジュース代にする。

 

 

正直手間と手数料がかかってしまうので
処理方法はあなた次第になってしまう。

 

 

 

しかし

 

アマゾンの返品ポリシーはすごいよね。

 

30日以内なら基本返金だから。

 

 

 

開封されて30日ギリギリで不良品返品なんてパターンで
検品してみると不良品じゃなかった・・・・。

 

 

そんなパターンだったら、泣くに泣けないよね。

 

 

でも
ここまで引っ張られたり、客観的に見て悪質な場合は
ダメ元でAmazonに相談するのもあり。

 

 

Amazonがある程度負担してくれる事例もあるから
とりあえずチェレンジしてみて欲しい。

 

 

 

 

あっ!せどりやAmazonの入門講座もしてるからよかったら登録してみて。

 

↓ ↓ ↓

 

FREE★STYLEせどりZERO初心者メルマガ講座

 

【リアルコンサルせどりツアー】



・仕入れが出来ません!
・利益が取れる商品が見つけれません!
・どこの店舗に仕入れに行ったらよいかわかりません!


毎日悩み相談のお問合せをたくさん頂きます。


「百聞は一見に如かずです。」


聞いてわからないものは、実際にあみゅーずと一緒に
店舗仕入を回ってみてはいかがかな。


現在、利益率40%以上のせどりを実施している
私のノウハウをあなたに直接伝授するよ!


是非、一度こちらを確認してほしい。


↓ ↓ ↓




あなたのいいねやツイートよろしくお願いいたします!


このエントリーをはてなブックマークに追加   

応援クリックお願いします。あなたのポチッとが励みになります!


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

記事を読んで何か疑問・質問があったら気軽に問い合わせください。
↓ ↓ ↓
お問合わせフォーム

Amazon返金処理開始のお知らせ【送料は出品者負担の悲しいシステム】 Amazon返金処理開始のお知らせ【送料は出品者負担の悲しいシステム】 Amazon返金処理開始のお知らせ【送料は出品者負担の悲しいシステム】 Amazon返金処理開始のお知らせ【送料は出品者負担の悲しいシステム】

関連ページ

Amazon出品規制商品【出品できない規制商品の解除法】
Amazon出品で覚えておいた方が良い豆知識【再販価格維持制度】
Amazonで販売後の保留期間が長い注文の意味と対処法
Amazon発送代行サービス【FBAマルチチャンネルサービス】
Amazon海外発送を簡単設定【手間がかからない販路拡大】
AmazonFBA長期保管在庫【自動返送/所有権の放棄の設定】
Amazon商品ラベル添付サービス【時間をお金で作る方法】
Amazon最安値以外でも販売できる手法【利益確保する為の3つ秘訣】
過失でAmazonアカウント停止にならない為の対処方法
新品・箱つぶれ商品のコンディション基準とは?【Amazonコンディション登録の重要性】
Amazon小口出品から大口出品に変更した方が良い3つの理由
並行輸入品と国内正規品の違いとは?【Amazon並行輸入品の定義】
Amazon倉庫に大型サイズ商品を少しでも安く送る方法
Amazon要期限管理商品の出品方法
Amazon購入者メッセージの対応方法
Amazon出品時のコンディションの選び方【梱包箱なし、新品未使用品の場合】
せどり初心者ノウハウ【プレ値商品の対処方法】
Amazon購入者メッセージの対応方法【返品・返金・顧客対応】
Amazon出品 自己発送商品の返品・返金対応
amazonテクニカルサポートの便利な活用方法

 
トップページ プロフィール 目次 メルマガ 無料講座 せどりツアー お問合わせ