Amzonポイントマニュアル

過失でAmazonアカウント停止にならない為の対処方法

 

 

Amazonアカウント停止という言葉をよく耳にするが
なぜ停止になるのだろうか?

 

 

もちろん停止になるにはそれなりの理由がある。

 

停止ならAmazonに改善報告書などを提出すれば
復活の可能性もあるが、

 

悪質と判断された場合はAmazonアカウント閉鎖という
重い処分をされてしまう可能性もある。

 

 

 

仮に閉鎖となったらまず99.9%復活は不可能。

 

 

 

復活できないだけならまだしも、アカウント閉鎖をされてしまうと、
90日間以上売上の支払いを凍結されてしまう。

 

現金で余裕をもってせどりをしている人は
入金が遅れるだけだからよいが

 

 

手持ち現金が乏しく、クレジットカードで仕入れを
している方は大問題。

 

支払いの期日までに支払いが出来なり、
死活問題にもなりかねない。

 

 

なので

 

きちんとAmazonのガイドラインを理解してAmazon法律の下でビジネスをする。
ここを外さないようにしていきたい。

 

 

では

 

一体どのような時にAmazonのアカウントを
停止や閉鎖されるのか?

 

 

答えはズバリガイドラインに違反する行為が
確認できた場合。

 

 

  • 法律に触れるものの販売
  • 詐欺的な行為
  • 顧客至上主義のAmazonに反する行為
  • Amazonの警告を無視する行為

 

などなど

 

 

この辺りはガイドラインを読めばわかるよね。

 

 

しかし

 

自分では良かれと思って行っている行為が
違反している場合があったりする。

 

 

過失であってもそれが原因である日突然停止や閉鎖に
というケースもあるので

 

 

過失で一番多いアカウント停止理由を解説する。

 

 

 

 

新品の多重出品

 

せどりをしてどんどん出品点数が増えてくると、
意外にやってしまう場合がある。

 

 

補充ではなく異なるSKUで新たに出品してしまう。

 

 

これは立派な規約違反になるので本当に
気を付けなければいけない。

 

 

もちろん

 

中古は商品によってコンディションが異なるので
多重出品しても対象外ではあるが

 

 

新品は同じ出品者が何個も同じ商品の出品をしては
ダメである。

 

 

これが過失でも悪質でも多重出品は多重出品なので
Amazonは容赦なく、バッサリやってくる。

 

 

だけど

 

停止前に警告が来るので、きちんと警告を確認して
改善すれば問題ないが、

 

 

この警告も見落としがちなので、対処としては
出品前に重複していないかしっかり確認をする。

 

 

これが一番の予防策になる。

 

 

ビジネスでは故意であろうが過失であろうが結果として行ってしまったことの評価は
良くも悪くも全て同じ処分の対象になる。

 

 

日頃からきちんと気を付ければ対応できることなので
商品を出品する際も丁寧という言葉を心掛けながら

 

作業もしていくように気を付けていきましょう。

 

 

 

あっ!これからせどりを考えている人はメルマガ講座に登録してみてね。

 

↓ ↓ ↓

 

せどり初心者無料メルマガ講座

 


【せどりマスターサポート生募集】


あなたは利益率40%以上のせどりに興味ありませんか?


私が得意とするリサイクルせどりを中心に
あなたに利益率40%以上のせどりを伝授します。


2月もサポート生を【10名限定】(残り2名)募集いたします。
副業・専業問わず!あなたがせどりで飛躍できるように完全個別指導で私も全力でサポートさせて頂くよ。


興味がある人はこちらのせどりマスター仮予約通信を
登録して内容を一度確認してほしい。


↓ ↓ ↓



※せどりマスターは180日間、完全個別指導の有料サポートとなります。


あなたのいいねやツイートよろしくお願いいたします!


このエントリーをはてなブックマークに追加   

応援クリックお願いします。あなたのポチッとが励みになります!


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

記事を読んで何か疑問・質問があったら気軽に問い合わせください。
↓ ↓ ↓
お問合わせフォーム


 
トップページ プロフィール 目次 メルマガ 無料講座 せどりマスター お問合わせ