ネットビジネスの経営学

月商額より月収額こだわる理由とは?

 

月商額より月収額こだわる理由とは?

 

せどり月商100万円とか、月商300万円と言うと
すごく聞こえがよく感じるが、

 

ビジネスの基本は月商より、月収にこだわることを
私はオススメしている。

 

 

なぜなら、

 

売上高(月商)がいくら大きくても中身がない月商額は
損をしてしまう可能性が高いから。

 

 

例えば、

 

消費税に絞って詳細を解説すると、

 

年商1,000万円を超える売上になると
個人、法人関係なしに課税事業者となる。

 

 

つまり、

 

消費税を納めないといけない事業者に
なってしまうということ。

 

この消費税は儲かっていようが、赤字だろうが
あくまでも消費者から預かった税金なので
待ったなしに必ず納めないといけない税金になる。

 

ただ、販売して預かった消費税をそのまま納めるわけではなく、
自分で支払った商品税を差し引きした分を収める形になる。

 

 

本来だともう少し複雑な計算になるが、
大雑把に表すとこのような数式になる。

 

売上8%(預かり)−仕入・経費8%(支払い)=差額の商品税(納税)

 

 

その際に利益率によって手元資金も変わってくるので
実際に表にまとめたので参考にしてみて欲しい。

 

 

※月商100万円、経費20%と仮定した場合の試算表

 

月商額より月収額こだわる理由とは?

 

 

月商100万円だと年商1,200万円になるので、
課税事業者として消費税を納める義務が出てくる。

 

 

利益率50%と10%の場合の比較を見ていただくと、
わかると感じるが、

 

消費税は利益率が高くなればたくさん納める形になるが、
手元に残る残高もそれなりに多くなる。

 

 

逆に、利益率が低いと消費税自体の支払いはかなり減るが
元々の利益高が少ないので、結果として現金残高もかなり少ない。

 

 

仮に利益率50%とれれている前提で、月商50万円(年商600万円)
で推移した場合になると、

 

現金残高は300万円になる。

 

年商600万円の場合は、課税事業者にはならないので
消費税は免除という形になる。

 

 

なので、図のような損益の場合は単純に営業利益がそのまま
現金残高になる。

 

 

この状況を見ていただいてお分かりになるように、
利益率を下げて月商額にこだわるより、

 

月商額が少なくても利益率にこだわれば
逆にそれなりの利益を確保することも出来る。

 

 

つまり、

 

せどりで稼ぐ為には月商額ばかりにこだわるのではなく、
利益率などにもしっかりこだわると結果的に
月収額が増えることもあるということ。

 

 

なので、

 

少ない月商額でも十分稼ぐことが出来るし、
支払いや労力などに関してもメリットが増えてくる。

 

 

もちろん、

 

薄利多売でさらに上を目指す方法もあるので、
単純に月商1,000万円まで目指せば

 

図値の単純に10倍の計算になるので、
利益率10%でもそれなりの金額になる。

 

でもね、

 

労力や支払いなども10倍になるので、
それなりにしっかり運営しないと、

 

資金ショートしたり、経費高になってしまう可能性も
十分あるので、その点はよく理解いただきたい。

 

 

今現在、月商額はそれなりにやられていても
何だか稼げていないと感じる方がいるのなら

 

一度、しっかりと現状を分析してみては
いかがだろうか。

 

今回消費税だけに的を絞った解説をさせて頂いたが、
その他にも利益率にこだわる運営をすると
色々な面でメリットがある。

 

 

なので、

 

勢いだけで売上高を作っていくのではなく、
ある程度の数字の管理も是非していただいて、

 

あなたのステージごとにせどりを賢くやっていける様に
運営してほしいと感じるよ。

 

 

せどりもどうせやるのであれば、儲けないとやっている意味が
無くなっちゃうからね。

 

 

頑張って行きましょう。

 

 

 

あっ!わからない事などあればどんどん無料相談してみてね。

 

↓ ↓ ↓

 

あみゅーずに無料相談をしてみる。

 


あなたはせどりでしっかりと稼げていますか?



せどりをやられている多くのせどらーは


何だか儲かっているのか?儲かって行いないのか?よくわからないとか、
売上はあるのに全然手元にお金が残らず支払が大変。



などなど、感じている人が非常に多い。



なぜなら、


回転重視の利益率が低いせどりをしている人が
多いからなんだよね。



もちろん、


利益率が低くても回転重視で行うせどりは
悪いわけではございません。



でも、


このようなせどり方法は複利を利用したせどりの為、
儲かった資金が、さらなる仕入資金にお金が回っているので、
手元になかなかお金が残らない感覚になってしまう。



なので、


資金が豊富に用意できる方や、月収200万、300万円を目指す方は
しっかりと複利を理解してせどりをすれば問題はないと感じるよ。



でもね、


資金が少なめの方には、正直、この複利という方法では
なかなか思うような実績は出しにくいと感じます。



なので、


あなたが少ない資金でしっかりとまずは
月収10万円を稼ぎたいと思っているのであれば、


あみゅーずが最も得意としている
ROI重視の高利益せどりをオススメするよ。



例えば、


仕入300円→販売3,580円のこの商品とか




仕入500円→販売2,480円のこの商品みたいな




仕入販売が出来るようになることで、
少ない資金でもしっかりと稼げるようになります。



つまり、


支出が少なくて、利益が多い、
ローリスク、ハイリターンのせどり方法になります。



なので、


3万円や5万円の仕入資金でも、
月収10万円稼ぐことが短期で可能ということなんだよね。



あなたがしっかりとまずは月収10万円を稼ぎたいと
思うのであれば、


あみゅーずと一緒に頑張ってみてはいかがかな。


↓ ↓ ↓






あなたのいいねやツイートよろしくお願いいたします!


このエントリーをはてなブックマークに追加   

応援クリックお願いします。あなたのポチッとが励みになります!


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

記事を読んで何か疑問・質問があったら気軽に問い合わせください。
↓ ↓ ↓
お問合わせフォーム

月商額より月収額こだわる理由とは? 月商額より月収額こだわる理由とは? 月商額より月収額こだわる理由とは? 月商額より月収額こだわる理由とは?

 
トップページ プロフィール 目次 メルマガ 無料講座 せどりツアー お問合わせ