せどりで1日1万円以上稼げるせどりノウハウ大暴露

 

せどりの正しい利益率とは、
あなたはご存知だろうか。

 

私は正直、正しい利益率の答えがまだ出ていない。

 

 

なぜなら、

 

扱う商品の違いや、手法により異なるからである。

 

例えば、中古せどりがメインであれば、
基本的には利益率は高くなる。

 

その分手間は増える。

 

また超売れ筋せどりをして、薄利多売をされている方、

 

経費面で言えば、自分ひとりでやっている、
会社として人材を使ってやっているなど・・・。

 

 

だから、

 

誰もが同じルールーでやる必要は無い。

 

 

情報発信をしている、たくさんのせどらーの方がいるが、

 

「利益率30%以上の商品じゃなきゃ仕入れない」

 

「利益率が15%だと割に合わない」

 

など、情報の対象として利益率重視の傾向が強いと思う。

 

 

しかし、

 

せどりをやればやるほど、利益率というものは
正直、大雑把な計算になってくる。

 

 

もちろん、

 

利益率が高いにこしたことはない

 

誰もがそう思っているだろう。

 

 

私が思うには

  1. 利益額
  2. 回転率
  3. 利益率

という、リサーチ方法が理想であると思う。

 

 

なぜなら、

 

30〜40%固定の利益率を前提にせどりに行くとなると
オールジャンルせどりとしては、
1店舗あたりに仕入れれる量がかなりへってしまう。

 

逆に利益率15%ぐらいであれば、仕入れの方もそれほど
難なくどこの店舗でも多数の商品を見つけることが出来る。

 

高利益率を追求すれば、
仕入れ商品の視野を狭く細く追求し、
薄利であればその逆になってくる訳だ。

 

 

ただ、

 

ざっくり一般論で目安を言うと

 

初心者の内は、小額で利益率が高いものを
仕入れるとよいと思う。

 

小額のものであれば利益率が高い商品が多々ある。

 

 

例えば、小物家電ではよくあるのだが、

Amazonで3,000円で販売しているラジオが
家電量販店に行くと1,480円ぐらいで売っている。

 

Amazonの手数料がざっくりだが600円ぐらいになるので

 

3,000円-1480円-600円=920円の利益になる。

 

利益率は920円÷3,000円×100=30.6%

 

このぐらいの商品なら結構、ホームセンターなどにもある。

 

はじめはリサーチの練習もかねるという意味でも
このぐらいのものであれば決して悪くは無いと思う。

 

 

しかし、中級者から上級者ぐらいになると、
回転率がよい高額商品を扱うことが増えてくるから、
率で探すより、額の基準で探すことが多くなる。

 

 

なぜなら、

 

感覚的には時給という感覚になるからだ。

 

一日のせどり時間をいかに短縮して
時間を作ることを考える。

 

その作った時間で、情報発信や
違うビジネスに時間を投資するためである。

 

 

ただ私が15年会社経営に携わり言えるのは、

 

売上が増えれば増えるほど、それに伴う税金面や経費など
の支出は増える傾向がある。

 

それをまかなえる売上が常に作っていけるなら
薄利の商売でもよいと思う。

 

但し、薄利の条件は無在庫か商品回転率が
支払締め日以内が前提である。

 

 

ただ、

 

個人でする、副業でするのであれば、
あまり利益率を下げすぎず
仕入をする方がよい。

 

スローせどりでよいので売上追求よりも地道に利益額追求をした方がよい。
きちんと売れて儲かる商品を仕入れる。

 

これが健全だと思う。

 

 

あっ!せどりの予算の考え方ならこちらで解説しているよ。

 

↓ ↓ ↓

 

せどり予算の決め方

続きを読む≫ 2015/08/26 21:27:26

 

店舗せどりの内容が理解できたに、電脳せどりについても
少し紹介する。

 

なぜなら、

 

店舗仕入にて仕入れた利益率が高い商品や、プレミアム価格が
ついている商品などを、インターネットを使用し、リサーチすれば
仕入の枠が広がるからである。

 

それでは電脳仕入について解説する。

 

 

電脳せどりとは

 

自宅にいながらパソコンやスマートホンで、せどりができる方法を
電脳せどりと言う。

 

店舗せどりと違い、実店舗に行く必要が無く
自宅などですべての作業等ができる。

 

まだ子供が小さく自宅から出れない主婦の方や、
普段は店舗せどりがメインだが、天候が悪く店舗にいけない時に
利用すると便利な方法である。

 

また、

 

店舗にて仕入れた商品をさらにネットで探し仕入するということに
利用してもかなり有効だ。

 

 

電脳せどりのメリット・デメリットとは

 

電脳せどりのメリットは、

 

  • 在宅で全て作業ができる。
  • 24時間リサーチ可能。
  • 商品は宅配等が自宅まで届けてくれる。
  • リサーチがしやすい。
  • 副業として取り組みやすい。

 

 

逆に電脳せどりのデメリットは、

 

  • 全国のせどらーがライバル。
  • 全国の一般購入者がライバル。
  • 実物を間近で見られない触れない。
  • 商品を探すのに、タイピングをしないといけない。

 

 

その中でも一番のデメリットは、

 

店舗せどりは労力はかかるが、売れ筋商品の知識、店舗・店舗スタッフからの
報が収集できるが、電脳せどりはあくまでもネット上でリサーチ等するので、
リアルな情報や商品知識が身につきにくい。

 

 

また、

 

電脳せどりに関しては、現物が見れないので、店舗側、出品者の情報に
基づいて判断しないといけない。

 

 

どういったサイトから仕入れるのか?

 

Amazon

 

ヤフオク

 

楽天市場

 

メルカリ

 

その他ネットショップ

 

などなど

 

電脳せどりに必要なもの

 

基本的にはパソコンかスマートホン、タブレットなどがあれば
大丈夫である。

 

ツールとしてはモノレートさえあれば、十分仕入はできる。

 

しかし、

 

電脳せどりはネットにて仕入をするため、非常に多くの仕入先、
膨大な商品があるため、

 

プレミアム商品やアマゾン在庫切れ商品などをリサーチすには、
有料ツールを使用した方が作業としてはしやすいと思う。

 

ただし、

 

私は電脳せどりがメインではないので、有料ツールは
今のところ使用したことが無いが、

 

他のせどらーが愛用しているツールには
下記のようなツールがある。

 

 


電脳せどりツール「サヤ取りせどらー3種の神器」プロ版

 

 

あっ!次の記事を作成してるから他の記事でおさらいしてね。

 

↓ ↓ ↓

 

目次

続きを読む≫ 2015/08/23 20:34:23

 

せどりをする際に、モノレートなどでAmazon最安値に対し、
利益計算等をした上で仕入をしていると思う。

 

もちろん、その最安値で仕入をしているので、
Amazonに出品する際はその価格でもよいと思うが、

 

ただ、実際に売上を伸ばしている方や、利益を増益されている
せどらーは出品時に価格設定に関しても少し手を加えている。

 

えっ!?

 

めんどくさい?なんて思われるかも知れないが・・・・。

 

せどりで疲れているのに。
Amazonの納品作業が忙しいのに。
時間がないから考えてる暇がない。

 

などなど。

 

たくさん出来ない理由があると思うが、

 

ここが着実に利益を出しているせどらーと、
一般のせどらーの違いがある。

 

 

 

それではどのように考えて価格設定をしているのか解説する。

 

 

まず、出品者の違いだが、大きく分けて2通りの出品者がいる。

 

自己発送出品者とFBA出品者である。

 

 

違いは、
自己発送出品者は
販売後自分で発送などをしないといけない出品者になる。

 

表示の価格も商品代金+送料と言う形で掲載される。

 

対象としている出品者はリアル店舗を経営していたり、
楽天やヤフーなどの複合サイトを運営している方が多い。

 

言ってみれば、それなりに資金を持って、
物販をしているプロの方が多いということになる。

 

 

 

逆にFBA出品者は自分で発送はせずに、Amazonへ掲載商品を納品して、
Amazonが発送業務等を全てする出品者になる。

 

せどりをしている人はほとんどFBAを利用していると思う。

 

FBAを使用することにより、商品説明文なども自己発送者よりも
アドバンテージのある内容に出来る。

 

例えば、

 

・Amazonセンターより梱包発送
・送料無料の表示
・365日24時間発送対応
・返品はAmazonカスタマーサービスが対応

 

などなど

 

上記のような文言を堂々と記載出来る為、
購入者からみればたくさんのメリットがある。

 

 

またFBA出品者に対してもたくさんのメリットがある。

 

まずはAmazonと言う安心があるブランド力が使える。

 

ブランド力が使えると言うことは、

 

同じ商品でもブランド力が無い、知名度が低い店舗よりも
少し価格がが高くても、安心と言う面で販売できる可能性が高い。

 

 

また、FBAを利用することにより、カートボックスの獲得が
優先的に出来る。

 

カートボックスは基本的には価格最安値で、評価が高い等を
踏まえて、Amazonの評価点数によって取得できる。

 

カートボックスに掲載できることとなる。

 

※カートボックスの取得の基準に関しては、細かいことが公開されていない為、
 Amazon判断せになってしまうことをお伝えしておきます。

 

この部分である。
↓ ↓ ↓

 

先にも記載したように、FBAを利用すると
カートボックスを優先的に出来る。

 

 

カートボックスは商品ページの一番目立つ場所である。

 

購入者の大半は、カートボックスにて購入する場合が多い。

 

だから、
カートボックスを獲得することで、販売機会が大幅にすえると言うことになる。

 

またカートを取得することで、
物販をやられてる、会社よりも販売ちゃんが多くなると言うことである。

 

 

例えば、

 

自己発送出品者とFBA出品者2名だけの出品商品があるとする。

 

 

そうすると価格が同じなら、FBA出品者が優先的にカートが
獲得できる。

 

また価格も大きな値差が無ければ、
FBA出品者が少し高くてもカートが取れてしまう場合も多々ある。

 

※こちらの場合もどのぐらいの値差ならとかは、
Amazonが詳細を公開してない為、Amazonの判断になる。

 

これもFBA出品者の特権である。

 

 

もちろん他のFBA出品者がいる場合は、在庫数や評価数などを
Amazonが判断し、FBA出品者の誰かがカートを取得するが、

 

ただ定期的に価格差がほとんど無い状態であれば
カートボックスの出品者が自動的に入れ替わるようである。

 

 

上記の点で、お解かりになると思うが、

 

せどり時にせどりすとやせどろいど等に出てくる
最安値はただ単に最安値が表示されるため、

 

それが自己発送なのかFBAなのかは、
Amazonの商品ページまで確認しないと解らない。

 

ですので、本来ですとせどり時に全て確認して
販売価格まで見極めると言うことは必要だと思う。

 

しかし、せどり初心者の方ですとなかなかそこまで、
リサーチ時に判断すると言うことは正直難しい。

 

 

なので、出品をする際に再度、販売価格は見直して出品して欲しい。

 

 

最安値で仕入していると言うことは
それより高い価格で設定できる可能性もあるからです。

 

高い価格で販売すると言うことは、その差額分が
利益と言う形になるからである。

 

 

カートボックスを他の出品者よりも少しでも高い販売金額で取得する。

 

 

ここが、あなたの商品を少しでも増収増益にするポイントであると思う。

 

 

たくさん作業はあるが、
せっかく仕入れてきた商品を1円でも高く販売できる様に、頑張りましょう。

 

 

カートボックス取得。

 

これが価格設定をするポイントである。

 

 

あっ!店舗せどりはこれで80%はお伝えしたから、
よかったら電脳せどりの記事も見てみて。

 

↓ ↓ ↓

 

電脳せどりとは

続きを読む≫ 2015/08/13 01:33:13

 

日々リサーチをしていると、すごく価格差がある
儲かりそうな商品を発見することがよくある。

 

そのような商品をリサーチした瞬間は、
モチベーションがマックス状態で、心がウキウキするが、

 

きちんと調べてみて、全くその価格で売れてない俺様価格と解ると、

 

 

一気にモチベーションが下がってしまう。

 

 

もちろん本当に利益がたくさん取れ、売れる商品もある。

 

 

そのような商品はプレミアム価格商品である。

 

 

そもそも俺様価格とは何だろうか?

 

と思っている初心者せどらーの方も見えると思うので、
簡単に解説する。

 

 

俺様価格とは、

 

出品者(ライバル)がいない状態で、自分1人だけの出品者が
過去の相場や世の中の相場を一切無視して、
自分の好きな高めの価格(自分プレミアム価格)をつけている
出品者(商品)の価格のことである。

 

 

例えばこのような商品
↓ ↓ ↓
http://mnrate.com/past.php?i=All&kwd=B003QMLKBW

 

モノレートのデータをよく見てほしい。

 

 

 

2,000円台の価格では商品は動いているが、8,000円前後の価格では
動いた形跡はなさそうである。

 

 

しかし、俺様価格は決して悪いわけではない。

 

 

このやり方も立派な戦術だと思う。

 

 

なぜこのような状況になるかと言うと、
その商品の需要があり在庫が無くなってしまうからである。

 

 

在庫がなくなり、
ライバルがいない状態で商品を出品した場合、

 

 

1人しか出品者がいなければ、
好きな値段をつけてカートを取ることも出来る。
そのため、例え高値でも売れるケースが多々ある。

 

 

在庫の無い貴重な商品を出品できるのは、
かなり有利なわけである。

 

 

ただ、そこで気を付けたいのはその俺様価格の商品が、
どのような状況で今日までに至っているのか、

 

きちんとデータを分析して商品を仕入れしないといけないと思う。

 

 

過去に一度も売れていない商品は仕入ない方がよい。

 

 

これは初心者せどらーの方でも解ると思うが、

 

情報としてとらえて、数日後に売れているようであれば
そのときに仕入た方が、リスクはないと思う。

 

 

仮に仕入をすると言う前提で話すと、
俺様価格にどのように対応していくかと言うことになるが、

 

基本的にはモノレートなどできちんと価格をしらべて、
過去に販売された価格で販売していくのは全く問題ない。

 

過去に販売された価格でも、基本どおりの利益が取れるのであれば
その商品は仕入れるべきである。

 

 

仕入れるポイントとしては、

 

俺様価格基準の判断ではなく、
過去に実績がある販売価格基準で判断する。

 

 

仕入れると言う判断をした場合は
いきなり俺様価格の価格帯を崩さない方がよい。

 

 

なぜなら俺様価格に価格をあわせて、販売できれば、
高い利益を獲得出来る可能性もある。

 

 

だからまずは俺様価格にあわせておき、
状況を見ながら販売が出来ないようであれば、

 

少しずつ価格を下げていくのも1つの手段だと思う。

 

 

そのようにすれば高く売れれば申し分ないし、

 

仮に価格を下げて販売しても、

 

きちんと過去のデータを元に分析したものであれば
過去に売れた価格で販売しても適正な利益が取れる。

 

 

 

ただ注意しておくべき点は、
俺様価格の商品は、いずれ相場が戻るパターンが多いということである。

 

 

いくら儲かるからと言って、高値でつけていても売れなければ
どうしようもない。

 

だから1年も2年も商品を寝かせることはFBA利用者は特に難しい。

 

そのため、価格が相場に戻りかけたら、いち早く相場に戻して
売り切ってしまうと言うことは大切だと思う。

 

 

常に相場は変動している。

 

 

適正な利益を得るには相場と言うものを的確にとらえることが大事だと思う。

 

 

今回、俺様価格の対処法を解説したが、
基本的には商品を寝かせないといけないリスクもあるため、

 

初心者の方や資金が少ない方にはおすすめできませんので
その点はご理解いただければと思う。

 

 

あっ販売価格って考えてつけなきゃダメだよ。

 

↓ ↓ ↓

 

せどり商品 価格設定のポイント【カートボックス取得の方法】

続きを読む≫ 2015/08/11 19:43:11

 

こちらでは実際のデータに基づいてモノレートを解説をする。

 

まず自分の好きな商品を検索して欲しい。

 

モノレートはこちら

 

ちなみに今回はモノレートの単体での説明になるが、

 

せどりに必要なものとは

 

で解説した、せどりすとやせどろいどでは
商品をリサーチした際にモノレートのボタンをクリックすると

 

そのままモノレートの商品詳細画面まで飛べるので
便利である。

 

 

それではまず商品を検索したらこちらを見てほしい。
↓ ↓ ↓

 

 

こちらの商品が例えば1,000円で販売しているとする。

 

Amazon最安値は3,000円である。

 

基準としてはAmazon最安値で半額以下で仕入できる
商品はまず仕入れ対象となる

 

次にランキングをみても順位も4004位で好調である。

 

しかし、出品者数が56人と仕入基準と比べると
倍近く多い出品者なので、

 

 

初心者の方にはあまりお勧めはできないが、

 

 

販売価格の売価変更や販売時のタイミングがよめる方は
全然仕入れ対象である。

 

 

今回は仕入をするという前提での解説なので
このまま進めさせていただく。

 

 

次にグラフ3点を見てもらいたい。

 

まず最安値グラフを見る限り、
↓ ↓ ↓

 

価格の方も3ヶ月の間ではそんなに大きな変動がない。
こちらの商品は仕入れ対象と判断する。

 

グラフの波が多いものは価格が安定してない証拠なので
よい面もあれば悪い面もあり初心者にはおすすめできない。

 

 

次に出品者の積み上げグラフだが
↓ ↓ ↓

 

 

本来なら緑色に色が塗られている部分が少なければ少ないほどよい。

 

出品者が少なくて、
人気がある商品であれば断然に商品の販売スピードが速いからである。

 

またこちらは逆に大幅に波を打っているグラフなんかだと
アマゾンで売れすぎて在庫(出品者)が減ったり、入荷したりの
繰り返しと予想が立つ。

 

その場合は波のふり幅がおおきれば出品者が多くても
自分の商品も在庫が切らし始める場合に売れる可能性もあるので
おすすめである。

 

 

次にランキンググラフの方を見てもらうと
↓ ↓ ↓

 

 

グラフの波が多いのでよく動いている商品だと予測がつく。

 

 

あくまでも目安にはなるが、グラフが下に伸びたときが
販売の合図になる。

 

 

例えば1ヶ月で波が下に10箇所打っていれば
10個売れたと言う判断となる。

 

 

実際には何個売れたかの個数はわからないが、
グラフの波が下がると言うことはランキングが上がった
と言う判断なので、販売があったと言う形になる。

 

 

最終的にこちらの表を見て仕入判断をする。
↓ ↓ ↓

 

 

こちらの表では上記グラフのデータが数値化されている。

 

例えば、赤線が引いてある所は売れた形跡がある。
見方としてはランキングが上がっているからである。

 

青い線の部分はランキングも上がっているが
出品者の数も減っているので、こちらも売れたと言う判断になる。

 

 

少ない出品者の場合は出品者数が減っているので
すごく解りやすいと思うので、出品者の数の増減で判断した方がよい。

 

 

出品者判断の注意点

出品者が減ってもランキングが上がっていないものは
売れていない可能性があるので注意下さい。

 

しかし、今回みたいな売れ筋商品で出品者が多い場合は
ランキングの方も参考にするとよい。

 

 

今回の表だと単純に見てもここ4日間で9個は売れている
データになる。

 

 

まとめ

各データに基づいて、この商品を仕入れるのか?仕入れないのか?判断をする。

 

その際に初心者の内は全て仕入基準を満たしたものを仕入れした方が
リスクが少ないと思う。

 

 

しかし、少し経験をつまれたかたは、
こちらのモノレートのデーターを見ながら、憶測を立てて、

 

出品者が多くても、商品の回転率が早いし、1週間でこのぐらい
売れてる方、仕入れてみようとか、考えながら仕入をしてもよいと思う。

 

 

その方が仕入できる範囲は断然広がると思う。

 

 

ただし、読みを間違えたときは、利益が少し薄くても処分するなり、
また、時期待てば値段が上がって販売できそうなら、
少し商品を寝かすと言うのも一つの手であると思う。

 

色々実践してみて、経験をつめば仕入もどんどん出来ると思う。

 

 

あっところで俺様価格って知ってる?

 

↓ ↓ ↓

 

俺様価格対処法。せどり相場を理解すれば怖くない。

続きを読む≫ 2015/08/10 08:51:10

 

一番経験が必要で、仕入をする要である。

 

モノレートの見方について解説する。

 

 

仕入を判断する際にモノレート(旧:Amashow)を使用するが

 

 

このモノレートの見方をマスターすれば、
仕入枠を増やしたり、リスクを回避できたり色々と役に立つ。

 

 

是非、色々な商品をモノレートで調べて、覚えて欲しい。

 

 

まず、モノレートとはどんなものかと言うと、

 

Amazonの商品の状況(過去の販売データ等)を
がリアルタイムで数字やグラフで表示してくれるサイトになる。

 

こちらを確認してみて欲しい。
↓ ↓ ↓
モノレートはこちら

 

 

 

モノレートの一番上にある、商品のグラフ検索の所(赤いまる枠で囲んでいる部分)に
商品名やJANコード、ASINコードなどを入れて検索する。

 

 

 

 

そうすると、調べたい商品が検索されて、データが確認できる。
↓ ↓ ↓

 

 

それではモノレートの画面説明をしていくので

 

自分の調べたい商品のデータを
モノレートをみながら確認してもらうとわかりやすいと思う。

 

モノレートはこちら

 

 

検索するとこのような画面が1番上に出る。
↓ ↓ ↓

 

ここでは@参考価格やA出品者数、B最安値価格、Cランキングなどが
確認できる。

 

 

慣れてきたら、ますはここでさっくりと仕入判断が出来る様になる。

 

 

続いては下にスクロールすると、3つのグラフが確認できる。
↓ ↓ ↓

 

 

上から順番に、

 

最安値のグラフ
このグラフで過去の新品、中古などの価格の推移が確認できる。

 

出品者数の積み上げグラフ
このグラフでは出品者数の推移が確認できる。

 

ランキングのグラフ
このグラフではランキングの推移が確認できる。
ランキングのグラフは下に下がったときが売れたときになる。

 

だからグラフの波がよく上下しているものや、
下の方で、小刻みにグラフの動きがあるものが、売れ筋商品となる。

 

 

またグラフの上に3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、全期間や
コンディションの新品、中古の切り替えなども出来る。
切り替えることによって、その期間やそのコンディション商品の
グラフのみにも出来るので、是非試してみて欲しい。

 

最後に上のグラフを数値化した、一覧の表がこれになる。
↓ ↓ ↓

 

慣れてくると上記の数字の表が一番仕入をする上での
判断基準の材料になる。

 

 

 

まとめると、

 

モノレートを開いたら、商品詳細画面で全体のデータを把握する。

 

次に、

 

3つのグラフを見比べて、期間の流れを把握する。

 

 

最後に

 

いくらの価格で、どのような推移で販売できているのか、
数字で把握する。

 

 

基本的な流れはこのような感じになる。

 

 

あっモノレートの数字も理解してね。

 

↓ ↓ ↓

 

モノレートの見方【データ説明編】

続きを読む≫ 2015/08/10 05:35:10

 

仕入に一番大事な仕入基準について解説する。

 

 

仕入をする際に何でもかんでも少しでも儲かるからと言って
むやみやたらに仕入をしては、いくら資金がたくさんあっても足らない。

 

 

もちろん何千万、何億ともっている方は別だが、

 

なかなかそのような資金をはじめから持って
せどりに参入しようと言う人は少ないと思う。

 

 

せどりは「安く買って高く売る」すごくシンプルなビジネスですが、
さらに「確実に売れる商品を扱う」と言うことを覚えていこう。

 

 

確実に売れる基準

 

仕入をするにはしっかりとした「基準」を設定することが大事である。

 

 

その「基準」ですが、資金に余裕がないうちは、
1ヶ月以内に売れる商品を扱うといいと思う。

 

 

実際に1ヶ月以内で売れる可能性がある商品の見極め方の目安を解説する。

 

 

 

(1)ランキング

 

全体的には5千位以内

 

ただし、商品によってはランキングがそれ以上のものでも、あつかってもよい場合がある。

 

逆に、ランキングが5千位以内でも扱わない方がよい商品もある。

 

 

例えば、

 

DVDやCDなんかは3万位以内でもよく動く
ゲームやおもちゃは1万位以内目安だ。

 

ランキング自体はあくまでも目安になりますので、
確実に1ヶ月以内で売れるとはいえません。

 

 

 

(2)出品者数

 

出品者の方は5人以内が理想です。

 

もちろんランキングがかなりよい商品なんかは20人以上
いても、回転が速いので1ヶ月以内に売れる可能性はある。

 

 

まずは基準は10人未満、少し資金に余裕がある方は20人未満を
おすすめする。

 

 

ただし、出品者数については、少人数でもその出品者が在庫としている
個数も考慮しながら決めるようにしなければならない。

 

 

例えば、出品者が1人でも在庫を100個以上持っている場合があるので
その点は注意ください。

 

 

(3)利益額

 

 

ここでいう利益額とは、

 

利益額=Amazon販売価格−FBA手数料全般−仕入金額

 

のことを言う。

 

 

例えば、
Amazonで5,000円で販売できる商品を
店頭で2,500円(税込)で仕入れたとする。

 

さらに、FBA手数料が20%かかった場合、

 

利益額は1,500円になる。

 

高等数学は入りませんのでお解かりになると思うが、
初心者のうちは利益額の基準としては500円以上のものを目安とした方がよい。

 

上記例題の場合は1,500円利益があるので、
基準の500円をクリアしているので仕入可能と言う判断となる。

 

 

この500円以上と言う目安は次の利益率にも少し関連がある。

 

 

またFBA手数料等も仕入をして行くうちに、
この商品ならこのぐらいとかのおおよその%が解るようになるが、

 

 

はじめのうちはこちらのAmafeeと言うサイトを活用してください。

 

Amafeeはこちら
↓ ↓ ↓
http://amafee.com/index.php

 

 

 

 

仕入れ値と想定売値(Amazon最低価格)を入れて
カテゴリーをクリックすると目安の利益額が出ます。

 

このサイトはとても便利なので、是非活用下さい。

 

 

(4)利益率

 

利益率にはいろいろな考えがあって、せどらーによってさまざまだと思うが、

 

私の場合はAmazon販売価格の20%を目安にしている。

 

但し、商品によって回転が早そうなもの、ランキングがかなりよいものは
仕入れ価格の20%を最低上限として仕入れる場合もある。

 

 

初心者の内はあれもこれも考えるのが難しいと思うので、
Amazon販売価格の20%〜30%を基準にした方がよいと思う。

 

まずは薄利多売というスタイルより、
的確な利益が取れる商品で、勉強した方がリスクが少なくすむためだからである。

 

 

たとえば
(5)利益額のところで出した例題で計算すると

 

Amazon販売価格が5,000円、仕入金額が2,500円、手数料が1,000円だから
利益額は1,500円である。

 

 

販売金額に対しての利益率は

 

利益率30%=販売価格5,000円÷利益額1,500円になる。

 

仕入金額に対しての利益率は

 

利益率60%=仕入金額2,500円÷利益額1,500円になる。

 

 

私の基準からですと適正以上の利益率です。

 

 

ただし、上記の基準のデメリットとしては利益幅があるものをターゲットにしている為、
仕入できるアイテム数が減ってしまうので、リサーチして思うような仕入が出来ないと思う。

 

 

しかし、はじめはリサーチになれるため、
たくさんのリサーチを経験して練習の意味も込めて実践して欲しい。

 

 

モノレートのデータの方をマスターしたら、
利益率も少しづつ下げて、自分の基準を作られてもいいと思う。

 

 

あっまずはモノレートの画面は把握してね。

 

↓ ↓ ↓

 

モノレートの見方【画面説明編】

続きを読む≫ 2015/08/10 02:33:10

 

予算と言われても?と思っている方も多いと思うが、

 

何事も特に収入が絡むものは、計画性を持って行動した方が
よいと思う。

 

 

せどりの場合は、リサーチをして商品を仕入れます。
仕入の際に利益計算までするのだから

 

一般の物販のように
売上予算(月商・年商)と言う考え方より
利益予算(月収・年収)と言う感覚の方が、妥当だと思う。

 

 

予算を立て計画を立て実行する。

 

一見簡単なことだけど実行して達成するには、
継続力が必要となる。

 

では

 

予算を立て計画を立て実行して達成するには、
どうすればいいのか?

 

答えは簡単。

 

「小さい予算を設定すること。」

 

 

小さい予算と言われても、それだけを計画して実行するのではなく、

 

まずは最終的な予算を決め、中期的な予算を計画し、
日々実際に行動するのは先にも述べた小さい予算を計画し、
実行することをオススメする。

 

 

 

まずせどりであなたはどのぐらい最終的に稼ぎたいのか?

 

これが予算である。

 

この予算は目標であり、大きい目標に設定するべきだ。

 

例えば

 

私の目標はせどりで月100万稼ぐのが目標である。

 

稼ぐと言っているのだから、売上ではなく利益(月収)のことである。

 

 

じゃぁ〜いつまでにとなる。

 

私は1年半の計画をしている。

 

平成27年5月より本格的にはじめたので

 

1年半後の平成28年の10月に100万せどりで収入を得ている目標だ。

 

中期的な予算は?

 

 

 

半年後(平成27年10月)に60万

 

1年後(平成28年4月)に75万

 

1年半後(平成28年10月)に100万

 

と言う予算を組んでいる。

 

 

じゃぁ〜実際に日々の動きはというと、

 

今が月60万収入が取れるように平均して
1日2万円の利益を取るためのせどりをしている。

 

1日2万円の利益と言うことは
2万×30日で60万の計算になる。

 

ただし、60万の利益が取れる条件としては全て売ったと言う
前提での予算だ。

 

仕入自体はつどリサーチ時に
ランキングがよいもの=回転率がよいものを基準に仕入をしているが、

 

 

少し余裕を持って商品回転率は最長3ヶ月と見ている。

 

 

と言うことは1ヶ月60万の利益が取れる商品を仕入れて、
その月に20万の利益が取れる商品が売れて40万利益が取れる商品が在庫として残る計算になる。

 

2ヶ月目以降は以下になる。

 

利益予算

項目

8月

9月

10月

仕入

600,000円

600,000円

600,000円

販売

200,000円

8月分:200,000円

9月分:200,000円

合計:400,000円

8月:200,000円

9月:200,000円

10月:200,000円

合計:600,000円

在庫

400000円

8月分:200,000円

9月分:400,000円

合計:600,000円

9月200,000円

10月400,000円

合計:600,000円

 

 

 

 

私の場合は5月に初めて10月で半年となる。

 

現在の推移が5月は1日5千目標、6月は1万目標、7月は1万5千目標で
推移している。

 

 

のこりの3ヶ月が上記の予定で行動をしている。

 

 

ただ目標で私は100万稼ぐとコミットしても、

 

実際の行動が何も考えてない状態では、
絵に描いたもちになると思う。

 

 

しかし、1日あたりまで予算を落とし込んだら

 

もちに絵を描いたようになると思う。

 

 

絵に描いたもちではリアルじゃないですよね。
でも、もちに絵を描くということはリアルですよね。

 

 

たかが1日の予算、されど1日の予算です。

 

 

これからせどりを始める方、始められたばかりの方、
前よりせどりをしてるが、思うように利益が取れない方、

 

 

一度きちんと整理して予算を組みましょう。

 

 

そんなに難しく考える必要はありません。
大雑把で結構です。

 

ただ予算を組むと毎日毎日が計画的に行動が出来ます。

 

 

私のこのブログの見出しでも書いてある通り、

 

2ヶ月で10万稼ぐ方法と言うのはまずはこの考え方から始まります。

 

 

今回は私の予算の例にて解説したが、

 

在庫回転率を2ヶ月にするのであれば、
ランキングの順位を高いものを絞って仕入するとかでもよいと思います。

 

やり方一つでどのようにでも出来ると思います。

 

 

ただし自分で無理ない程度の予算を組んだら
あとは実行し継続するだけだと思います。

 

この継続が簡単で難しいのです。

 

 

あっ仕入基準ってすごく大切だよ。

 

↓ ↓ ↓

 

仕入に一番重要な仕入基準をきめよう

続きを読む≫ 2015/08/06 23:34:06

 

せどりをするお店はどんなお店なのかを解説する。

 

 

せどり(仕入)が出来るお店は、
基本的には商品を販売しているお店ならどこでもOK。

 

 

たとえば、

 

近所の家電量販店やホームセンター、ゲームショップ、コンビニなどなど。

 

初心者の人は全てのお店で出来るよって言われても
どこにしようと思って迷ってしまうと思う。

 

 

まずは自分の興味がある商品が置いてあるお店で
せどりをするのもいいと思うというせどらーさんが多いと思うが

 

あみゅーずの場合は違うかな?
オススメとしましては、初心者の人にはショッピングセンターがよいと思う。

 

 

 

 

なぜショッピングセンターがよいかって?

 

 

 

色々な商品が置いてあり、
何といってもせどりがとてもしやすい環境だからだよ。

 

せどりがしやすい環境と言うのは、
あの大きな店舗の割りに、店員さんが少ないからだよ。

 

 

初心者の人はまずせどり(リサーチ)に慣れること。
ここがまず始めの一歩。

 

 

慣れるというのは、
商品を手にとってスマホ片手にリサーチをする。

 

 

ん?簡単じゃん!
と思う方も多いかもしれないけど、

 

 

 

これがいざ店舗に行くと出来ないんだよね。

 

 

その際の一番の障害は店員さんや一般のお客さんだよ

 

 

恥ずかしいからとか、店員さんの目が気になり、
罪悪感などが自分の中で出てきてしまうと思う。

 

 

結局2、3個リサーチして商品が仕入れれないとか
いってると思う。

 

 

しかし、よく考えてね。

 

 

せどりって悪いことなの?

 

 

簡単に言えば、
買おうと思っている商品をスマホで値段を調べてるだけでじゃない?

 

 

今はほとんどの人がスマホ(携帯)を持っている。
当たり前のようにスマホで値段調べてるよね。

 

 

やっていることは全く同じ。

 

しかし、いざリサーチとなると、腰が引けてしまう。

 

 

 

何だかおかしいよね?

 

普通に購入すると言うときと、せどりで購入すると言うときでは、

 

何が違うんだろう?

 

 

 

それは自分の気持ちだけだよ。

 

マインドとかメンタルと言うものです。

 

 

同じ動作をするだけなのに、
その気持ち次第で、出来たり、出来なかったりだと思う。

 

 

だから、ショッピングセンターがいいと思う。

 

 

 

それにショッピングセンターはたくさんの商品がおいてあるから
勉強にもなるしね。

 

 

またホームセンターなんかもショッピングセンターと同じように
広い店舗で比較的に店員さんが少ないから
リサーチ自体はしやすいと思う。

 

 

まずはたくさんリサーチするために
ショッピングセンターやホームセンターで訓練してみよう。

 

 

何でもそうだとは思うが、
0から1にする事が1番難しいし、パワーや継続が必要だと思う。

 

 

せどりではリサーチが出来るようになると言うことが
0から1になることだと思う。

 

 

あっ!せどりをするときは予算を考えることも大切だよ。

 

↓ ↓ ↓

 

せどりの予算の考え方

続きを読む≫ 2015/08/03 07:38:03

 

クレジットカードを作るならこちらのサイトがオススメ。

 

↓ ↓ ↓

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

なぜなら、
ポイントがたくさんたまるからだよ。

 

 

楽天やYahoo!と言った大手ショッピングモールも参加しているから
仕入をする際にも活用すればポイントがさらにもらえるよ。

 

 

クレジットカードを作るのも
ハピタスを利用したら、ハピタスポイントももらえて、
さらに楽天カードなんかですと、楽天ポイントまでもらえちゃう。

 

 

 

 

クレジットカードを作るときの資産をしてみると。

 

 

 

 

こちらのよりハピタスの新規登録をします。

 

↓ ↓ ↓

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

簡単な登録情報を入力するだけで、ハピタスポイント30Pがもらえちゃう。

 

 

次にハピタスのホームページの一番下にクレジットと言うカテゴリーがあるので
そちらをクリックすると、現在キャンペーンをやっている、
クレジットカードがずらりとでるよ。

 

 

 

 

その中で自分にあったクレジットカードを申し込みしたら
ハピタスポイントが貰えちゃうよ。

 

 

 

 

 

 

 

今回の画像で使用した楽天カードとローソンPontaカード共に
年会費無料のクレジットカードなのに、2500pt・3000t・
2 枚作るだけで 5500 円分稼げちゃう。
入力の手間だけで 5500 円だから、よくないですか?

 

 

 

さらに

 

楽天カードは今だと入会する(H27.7月現在)と楽天ポイントが最大8000pt
貰えちゃう。

 

 

これってすごくないですか?

 

 

 

どうせ作るなら少しでも特典がつくところで作った方がお得だよね。

 

 

ハピタスポイントは
現金にも出来ちゃうし、電子マネーやAmazonギフトにも交換出来ちゃう。

 

 

 

仕入資金確保も出来ちゃうので、
どんどん活用しちゃいましょう。

 

 

あっ仕入の準備ができたら店舗選びだね。

 

↓ ↓ ↓

 

初心者がせどり店舗を選ぶ心得

続きを読む≫ 2015/08/02 02:00:02

 

仕入資金についての考え方を解説する。

 

皆さんはたくさんお金がありますか?

 

 

 

私は会社を倒産し、破産しているので、
資金が全くと言ってよいほどありませんでした。

 

 

 

自分名義のクレジットカードも使用できない、
生活もしていかないといけない、

 

 

だから、

 

 

生活をしていく上で現金は絶対に仕入資金に回すことが出来なかったのです。

 

 

 

せどりをするに当たり、
資金に余裕がある人は現金で仕入しても問題ないと思うけど、

 

 

でも現金を使うと生活が苦しくなるとか・・・。
私と同じく現金が使えない方は是非クレジットカードを使用して仕入をオススメする。

 

 

 

 

私の場合は奥さんのクレジットカードで仕入させてもらいました。

 

 

感謝!!

 

 

 

なぜクレジットカードがオススメと言うと、
ちょっと難しい言葉で言いますとレバレッジだよ。

 

 

インターネットでレバレッジとはと調べるとWikipediaとかで説明がされてます。
正式に知りたい方はこちらを参照してみてね。

 

↓ ↓ ↓

 

レバレッジとは

 

 

 

簡単に言うと店頭で購入する仕入商品をクレジットカードを使用して
支払いを後に回し、先に仕入資金と利益を回収すると言うことだよ。

 

 

せどりをするのに借金をしてまでと思う方もいると思うが、
せどりのメリットを最大に使えばそんなに難しいことでは無いと思う。

 

 

他の記事でも説明したが
せどり仕入をきちんと理解して販売すればお金の回転はすごくよいです。

 

 

 

さて、ここでシュミレーションしてみましょう。

 

 

たとえば、クレジットの閉め日が月末として、支払日が翌月10日。
仕入金額は1,000円で販売金額が2,500円の商品の場合。

 

8/1に1,000円の仕入をクレジットでしました。
締め日が月末なので8/30になります。
支払日が翌月10日なので、1,000円の支払いは9/10になります。

 

 

せどりとはよく売れる商品を安く仕入れて、高く売り、
利益を儲けると言うものです。

 

 

またAmazonで販売するので商品代金はAmazonがきちんと回収してくれて
自分の口座に振り込みまでしてくれます。
そのサイクルは14日締めの3日後ぐらいに入金があります。

 

たとえば、8/1に仕入れた商品を当日Amazonの倉庫に出荷手続きをして、
Amazonのホームページで8/5ぐらいに販売できるようになりました。

 

せどりでよく売れている商品を仕入れているので、
8/10に販売できました。

 

 

そうすると、

 

 

8/10に売れた商品は8/14締め日になるので、入金が8/17に自分の口座に振込されるので、
振込み金額も2,500円で売れて、Amazon手数料が500円引かれて2,000円の入金があったとします。

 

1000円は仕入代金、残りの1000円は利益です。

 

 

 

8/17に振込まれてるので、9/10の支払いには十分間に合うのです

 

 

 

きちんとしたデーターに基づいて、仕入れた商品であれば
全く問題ないよね。

 

 

またクレジットカードのメリットは他にもあるよ。

 

カード会社によるが使用金額に応じましてポイントがたまったり、
お店の発行しているクレジットカード(イオンカードなど)なんかは、
特別な日には割引が出来たり、すごくお得だと思う。

 

 

こういう特典も利用することによって、利益を少しでも増やせると思う。

 

 

現金を使えない方は是非クレジットカードでチャレンジしてみよう。

 

 

あっクレジットカードのお得な作り方知ってる?

 

↓ ↓ ↓

 

得するクレジットカードの作り方

続きを読む≫ 2015/08/02 00:29:02

 

せどりの基本である仕入方法について解説する。

 

 

せどりは「お宝」探しだよ。

 

 

 

いきなりお宝探しと言われてもピンとこないと思うが、

 

せどらー = トレジャーハンターです。

 

 

通常の物販(物を売る事)では
販売する側が商品をメーカーや問屋より仕入るけど。

 

 

見込仕入というものになります。

 

 

正直、売れるか売れないか解らないものを!

 

極端に言えば仕入れて販売するのだが、
自分の思ったとおりの商品を仕入れれることは出来る。

 

 

 

そういう面ではお金で買えばすむ話なので、
簡単に仕入れることが出来るよね。

 

 

もちろん、仕入れる側も適当に仕入をしているつもりはまったく無いので
色々メーカーや問屋より情報を集めたり、
新製品をいち早く仕入れたりしてると思う。

 

 

シリーズ物なんかも前回のシリーズと比較検討したりして
仕入はしている。

 

あみゅーずも物販の会社をしてたから
よくわかるよ。

 

 

ただ売れるものもあれば、売れ残ってしまうものもあり、
それなりの資金を持った会社やお店しか出来ないよね。

 

 

逆に当たれば儲けが多い状態で莫大な売上を上げたりも出来ると思う。

 

 

でも、世の中そんなに甘いものじゃないよね。
あみゅーずも物販の会社で倒産させたぐらいだから。

 

 

 

あみゅーずが経営していた会社でも、
1つの商材で100万ぐらい売上が上がる商品とかも
ざらにあったよ。

 

 

逆に30万ぐらいの在庫が残ってしまい、
仕入の半値でも動かない商品なんかも多々あった。

 

 

ここが物販の辛いところです。

 

 

しかし、
せどりはここが違う。

 

 

あとだしジャンケンの物販なので・・・。

 

 

 

あとだしジャンケンって解りますよね?

 

 

相手がパーを出してたら、あと出しでチョキを出せば勝てるジャンケンです。

 

 

ずる〜い

 

と思うかもしれないが、
これがせどりなんですよね。

 

 

要するに
Amazonで売れている商品を探して売るという形だよ。

 

それも売れている商品を仕入れるわけだから、
在庫として残るリスクも限りなく少ない。

 

小資金で、確実に売れる商品を仕入て、
早いものだと、Amazonへ納品したその日に販売。

 

 

これがあと出しジャンケンです。

 

素晴らしいよね。

 

物販経験者なら凄い感動です。

 

 

だからお宝探しなんです。

 

 

数年前まではブックオフせどりが主流で、
中古本をメインで全国のせどらーがお宝探しをしてたけど、

 

最近はオールジャンルせどりが主流だから、

 

Amazonで販売出来る物全てが対象だよ。

 

 

だから、

 

商品を取り扱いしているところなら全てが仕入れ対象だよ。

 

 

だけど、

 

世の中そんなに甘いものじゃありません。

 

 

あと出しジャンケンのデメリットは仕入れると言うところにあるよ。

 

 

世にあるお宝なんてなかなか見つからないよね。

 

徳川埋蔵金とか・・・・。

 

 

しかし、考え方一つで仕入もスムーズに仕入れれるように
だんだんなるんだよ。

 

 

もちろん、知ってるだけではお宝は仕入できない。

 

 

きちんとした知識を身につけ毎日コツコツと行動しなければね。

 

 

仕入は怖がることはありません。

 

始めは500円とか1,000円ぐらい小額の商品しか仕入れれないと思うけど、

 

売れなかったらどうしようとか考えてしまい・・・。

 

 

安心してね。

 

始めは小額でも全然大丈夫です。

 

 

きちんと学んだとおりに行動すれば、
5,000円のものや10,000円、50,000円の商品まで
仕入できるようになるから。

 

 

あっ資金が少ないうちはカード決済がいいよ。

 

↓ ↓ ↓

 

仕入は現金よりクレジットカードで!

続きを読む≫ 2015/08/01 17:06:01

 

せどりのメリットって皆さん知ってますか?

 

きちんと学んで仕入れれば!売れる商品、回転率が早い商品を仕入れるのだから!

 

即金性が抜群に良いというメリットがあるよね。

 

初心者にもこれはうれしいメリットのはすだけど。

 

 

 

仕入をしなければ絶対に稼げないと言う

 

デメリットもあるよね!

 

 

そして!

 

 

その必要不可欠な仕入こそ!

 

初心者の第一登竜門だと私は思ってるよ。

 

これが突破できないと0 ⇒ 1のスタートが切れない。

 

 

 

でも!

 

 

上ですごい問題なような書き方をしたが、

 

実は仕入自体はすごくシンプルで簡単な問題なんだよね。

 

 

 

しかし!

 

 

仕入をほとんどの方が難しく考えすぎたり、
実際に仕入をしてるふりをしてるだけで、行動してない人や、

 

 

軽い気持ちでせどりを始めた人が8割ぐらいリタイヤしてると思います。

 

 

 

はじめたばかりのあなたは!

 

仕入は楽しくできてますか?

 

 

 

 

実は私も始めた頃はすごく仕入が苦痛でした。

 

 

 

店舗に行っても仕入れるものが無かったり・・・。
実はリサーチしてないだけなんだけどね。

 

 

正直!自分のイメージとせどりが現実離れしてたし!

 

すごく楽して稼げると言うイメージがあったが。

 

 

 

 

実際はそうではなかった・・・・。

 

 

 

それに

 

 

右も左もわからない、我流でせどりをしている初心者だとどうしても全頭検索をしないと

 

利益が出る商品を見つけることができないので

 

必然的に労力がかかってしまう。

 

 

 

それに頑張って全頭検索しても

 

 

仕入れれる商品が無かったら、

 

 

イライラして、

 

モチベーションもダウン、

 

やる気がなくなっちゃうよね。

 

 

 

 

 

私自身も体験したので、

 

 

稼ぎたいのに思うように稼げない気持ちは本当によく理解できる。

 

 

 

もちろん

 

 

 

利益が得られる商品が運よく見つかれば

 

成功体験として記憶されるので、次の仕入れが楽しくなる。

 

 

モチベーションもアップ

 

 

でも、ひょっとしたら

 

 

 

初心者の方は実際に何個かサーチしてみたけど

 

何も見つからなくて、諦めかけていないだろうか?

 

 

【初心者の仕入状況】

 

張り切って店舗に行く

リサーチ

恥ずかしいからリサーチがなかなか出来ない

店員の目が気になりなかなか出来ない

少しリサーチしただけで何も見つけれない

疲労感が残る

仕入に行く気が無くなる

稼げない

 

 

こんな感じではないだろうか?

 

 

 

1度この流れに入ってしまうと本当に厳しいし、

 

最初はこの流れを変えるのがなかなか難しい。

 

 

 

 

 

もし、せどりを頑張られてるあなたが

 

なかなか仕入れ商品を発見できずに

 

仕入れに苦痛を感じて始めていたら黄色信号だ。

 

 

 

 

 

なぜなら

 

人間は本能的にいやなことや苦痛を感じることを

 

継続して続けようとは思わないからだ!

 

 

 

 

私もはじめは仕入がスムーズに出来ず

 

せどりって重労働で、みんなが言うほど誰でも簡単に稼げないやん。

 

 

「ぜんぜん労力に見合わないやん」

 

 

 

じゃぁ〜ここで考えて見ましょう!

 

 

 

良いことも!

 

悪いことも!

 

何でも絶対に「原因」があると思います。

 

 

 

じゃぁ〜この原因って何?

 

 

 

私は考えました!

 

この苦痛の真の原因が

 

自分の気持にあるんだっていうことを!

 

ずばり!!

 

「思い込み」だっていうことに気づいたんだよね!

 

 

 

私もせどりを始める前にYoutubeでドンキせどりやら、ブックオフせどりなんかの動画を見て

 

 

ブックオフに行けばお宝がわんさかある。

 

ドンキに行けばお値打ち品大量ゲット。

 

 

私と同じくこんな認識をしている初心者の方がいたら

 

 

絶対にこの認識を改めて欲しい!

 

 

 

理由は

 

気持ちだけが期待感であふれ

 

現実に直面すると

 

このギャップが非常に辛くなるからです!

 

 

 

だからこの苦痛を少しでも和らげるためにどうしたらよいか?
私は真剣に考えてみた。

 

 

まずは

 

原因が「思い込み」何だから思い込まないというのが前提だけど、

 

もっとも効果的なのは仕入を目的にしないと言うことだ!

 

 

 

仕入を目的にすると

 

必ず商品を探さなきゃとか

 

利益が出る商品を見つけなきゃ今日は帰れない・・・などなど。

 

 

考えちゃうよね。

 

 

この期待と現実のギャップが大きければ大きいほど

 

人間は苦痛を感じるんだよね。

 

 

 

だから

 

 

 

苦痛を感じないようにするには

 

「商品が見つかったらラッキー」ぐらいな気持ちが一番良と思うよ。

 

 

 

自分があまり期待していなかったのに

 

利益が出ると意外に嬉しいはずだ。

 

 

これは

 

くじとか宝くじの価格に似てると思うよ。

 

 

 

くじとかは基本的にあたったらいいなぁ〜ぐらいの感覚で

 

 

あまり期待していないから

 


当った時のあの嬉しさ!

 

 

商品がみって当然と思い込んでしまっていると、

 

 

見つかったとしてもあまり利益がないと、

 

 

逆にガッカリしたりするよね。

 

 

 

以上の理由で

 

 

初心者の方や仕入が出来ない方は

 

 

ついでせどり

 

 

をオススメしたい。

 

 

ついでせどりは!

 

せどり仕入を目的ではなく。

 

他の用事があるときについでにせどりをやってみる!

 

ぐらいの感覚です。

 

 

 

 

 

たとえば

 

 

私も良くするのだが

 

 

休日に子供の学校用品を買うために

 

地元の文房具屋さんに言ったついでに

 

ちょっとリサーチ。

 

 

例えば

 

 

リサーチも子供の筆箱を購入予定で行ったとしたら、
筆箱を何点か調べてみる。

 

 

筆箱を消費者として購入しに行っているから
店員さんの目も気にならずに
携帯でリサーチできるよね。

 

だってなんか店員さんに言われても
値段調べてるだけなんだから・・・。

 

 

 

それに

 

 

せどりを目的にしてないから
商品が見つからなくても全然問題ないよね。

 

 

子供が欲しい商品だけ購入する予定なんだから。

 

 

 

でも気軽なきもちでリサーチすると!
けっこうお宝発見したりしちゃうことも多々あるよ。

 

 

 

この感覚を体にしみつけてもらいたい。

 

 

 

それに気軽にリサーチしてると
そのお店の特徴や商品の特徴なんかもわかっちゃうんだよね。

 

 

ノンブランドの筆箱より、

 

スポーツメーカーの方がアマゾンでも高めの価格がついてるとか、

 

キャラクター物の筆箱も

 

今瞬のドラゴンボールの筆箱がプレ値がついてるとか・・・・。

 

 

 

 

それに文房具店はせどりとして使える店舗なのかとか、

 

 

店員さんはどんな感じなのかとか、

 

 

罪悪感もまったく無いので!

 

 

気軽に冷静に周りを見ることが出来ると思う。

 

 

 

 

 

 

そうやって

 

いろいろな店舗も少しずつリサーチできる。

 

 

 

 

 

もし

 

 

 

掘り出し物があったら超ラッキーだし、

 

無くても次回行かなくても良い場所がわかるんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

 

 

絶対に無駄ではないし

 

ついでだから苦痛を感じることも少ない。

 

 

 

せどりを本職にしている人は厳しいかもしれないけど

 

副業程度にせどりをしている人は継続するために、

 

是非これを意識していただきたい。

 

 

 

最後にまとめると

 

 

 

仕入れに苦痛を感じている人は

 

ついでにせどりを意識することで、苦痛を感じないように

 

せどりそのものを継続できる工夫はして欲しいかな。

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

いくらせどりが即金性が高いとは言え

 

一定期間継続しないと思い描いたような成果は出ないから

 

 

 

これからはじめようと思ってる方!

 

せどりを始められた初心者の方!

 

 

絶対に諦めずに行動し続けていただきたい。

 

 

 

 

まずはせどりの考え方は!

 

 

絶対に質より良だと思います。

 

 

 

どれだけ店舗を回って

 

どれだけリサーチしたかで

 

全然成果も変わってくるから!

 

 

あっ!仕入がしやすい方法がまだあるよ。

 

↓ ↓ ↓

 

仕入が出来ない人必見【1量販店集中型せどり】

続きを読む≫ 2015/08/01 15:49:01

 

Amazon出品には何が必要かこちらで解説する。

 

 

【AmazonFBA出品に必要なもの】

 

 

まずは販売するところを確保しないといけないから。
アマゾンと業務提携をいます。

 

 

 

●出品用アマゾンアカウント

 

 

 

アマゾンで販売するため、アマゾンの出品用アカウントを
取得しなくてはいけないよ。

 

・大口出品と小口出品があるが、

 

せどりで仕入をした商品を販売するのであれば
大口出品の方が適している。

 

小口出品は出品できないカテゴリがあったり、
出品するにあたり手数料が高かったり、色々と制限があるので
オススメしてないです。

 

 

Amazonの手続きに関しては
↓ ↓ ↓
詳しくはこちらから

 

 

 

 

●Amazon FBA申し込み

 

 

 

 

Amazon出品アカウント取得後にAmazon FBA申し込みをしてね。

 

 

 

こちらもしないとAmazonで商品を販売しても
自分でお客様とやり取りしたり、発送をしたりと
かなり手間だよね。

 

 

なんでFBAなのかは、前の記事を確認してね。

 

↓ ↓ ↓

 

Amzonせどりの仕組みとは

 

 

 

フルフィメント by Amazon(FBA)の手続きに関しては
↓ ↓ ↓
詳しくはこちらから

 

 

こちらの申し込みが完了しないとAmazonにての発送業務を委託出来ないからね。

 

 

 

●パソコン・プリンター

 

 

 

 

パソコンを使用して、仕入れた商品の出品やAmazonへの納品手続きをするよ。

 

 

 

デスクトップでもノートパソコンでも自分が使いやすい方を選んでね。

 

パソコン・プリンターは必ず必要です。

 

 

 

 

 

●印刷用紙・ラベル用紙

 

 

 

 

 

印刷用紙はAmazonへ仕入れた商品を送る際に
書類を打ち出すので、必要とだよ。

 

ホームセンターなどに売ってる、コピー用紙でOK。

 

 

 

 

 

 

また商品に自分の商品と解るように、
Amazonが発行するバーコードを添付するために
ラベルが必要だよ。

 

 

商品箱に直接張ったりもするため、
ラベル用紙は剥がれやすいものオススメかな。

 

 

こちらなんかはオススメ。

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

ラベルに関しては

 

↓ ↓ ↓

 

詳しくはこちらから

 

 

●梱包資材

 

 

せどりした商品をAmazonへ送る際にダンボールが必要となるよ。

 

ダンボールを購入しててもかまわないけど、
経費を少しでも安く済ませたい人は、

 

スーパーやドラッグストアー、家電量販店などでもらってきて
再利用するのも一つの手段。

 

 

 

あみゅーずは家電量販店の箱をちょくちょく貰ってるよ。
家電の箱はしっかりしているので、送る商品の破損防止にもなると思う。

 

 

ダンボールを購入するなら。

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

郵送箱に関しては
↓ ↓ ↓
詳しくはこちらから

 

 

 

 

その他は、ガムテープ、透明テープが必要かな。
こちらは100円ショップなどでも購入できるよ。

 

 

 

●その他

 

商品についている値札シールを剥がすために、
ドライヤーやシールはがしが必要。

 

※シールはがしはジッポライターのオイルでも代用OK。

 

 

用意するのはこの程度になるかな。

 

 

あっ!次は仕入だね。仕入の前に確認してね。

 

↓ ↓ ↓

 

仕入をスタートする前に!

続きを読む≫ 2015/08/01 14:04:01

 

せどりには何が必要かこちらで解説する。

 

【せどりに必要なもの】

 

 

スマホ

 

 

 

店舗で仕入をする場合はスマホを使ってリサーチをします。

 

 

リサーチとは商品を検索することを言う。

 

店舗で闇雲に商品を仕入れるのではなく、
きちんとしたデータに基づいて仕入をする、
だからリサーチをするということです。

 

 

アプリ

 

 

店舗で商品リサーチをする際に商品の金額や売れ行きを
調べるために、アプリが必要となる。

 

 

iPoneの場合

 

 

アプリ名:せどりすと

 

 

 

 

ダウンロード・詳しい詳細はこちら

 

 

 

 

アンドロイドの場合

 

 

アプリ名:せどろいど

 

 

 

 

ダウンロード・詳しい詳細はこちら

 

 

 

上記のアプリはiPone用とアンドロイド用があるから、
画面の内容やレイアウト、デザイン等は少し違うけど、
内容はほぼ同じになるよ。

 

 

 

アプリをなぜ使うのか?

 

 

 

商品のバーコードをスマホのカメラ機能でスキャンするだけで
Amazonの情報がすぐに確認できるからだよ。

 

 

リアルタイムの販売価格・商品の動き・ランキングなどが瞬時で確認できるし、

 

 

機能設定をすれば、暫定的な粗利なども画面で確認できるから、

 

 

とても便利。

 

 

 

 

 

有料版もあるけど、無料版で十分使えるよ。

 

 

有料版はあみゅーずも使用したことが無いです。

 

 

その他せどりをする為のアプリが多数あるから、

 

別にせどりすとやセドロイドじゃなくて問題は無い。
ご自分の使いやすいアプリを探してみてね。

 

 

あみゅーずも色々なアプリを使用したが、
上記2点が1番使いやすいと思うよ。

 

 

何度いうけど有料版でなくて無料版で十分だと思う。

 

 

もちろん有料版はかなり細かいことまで設定したら
確認が出来たりするけど、

 

 

正直あまり必要が無いと思ってるよ。
無料版で十分機能を果たしていると思うよ。

 

 

 

店舗仕入にはスマホとアプリがあればその他は必要ないです。

 

 

 

しいて言えば

 

せどりをする際にあれば便利なのが、
バーコードリーダーぐらいかな?

 

 

 

 

バーコードリーダーは数万円と少し経費がかかるので、
初心者のうちはバーコードリーダをオススメしてないです。

 

 

無くても十分せどりは出来るから。

 

 

 

収入が入って来てから効率を求める人は、
購入を考えてもよいと思う。

 

もし、購入する気がある人は!

 

バーコードリーダーのオススメは
KDC200と言うタイプ¥がオススメかな。

 

 

 

 

 

あみゅーずも始めはバーコードリーダーの使用はして無かったけど、
現在は効率を考えているため、購入し使用してるよ。

 

購入を考えてる方はこちらで売ってるよ。

超小型・軽量 データコレクタ KDC200 amazon せどりにも最適!【Bluetooth搭載】【送料無料】【コレクト手数料無料】【あす楽】【楽フェス_ポイント2倍】

37422円

【ユニテック】iPhone/Android対応 超小型ワイヤレスバーコードリーダー MS910 ポケットスキャナ amazon せどりにも最適!【ネックストラップ付】【あす楽】【楽フェス_ポイント2倍】

14580円

 

 

ただ、店舗せどりの際にさすがに店員さんの目の前で明らか様に
使用等するのは少し問題があるので、

 

 

その時々でバーコードリーダーを使用したり、
カメラ機能でバーコードを読み込んだり、
はたまた手入力で数字を入力したりしてね。

 

あゆーずもそうしているよ。

 

道具もあれば便利だけど、
まずは最低限の道具だけ揃えてせどりをすることを
オススメする。

 

 

あっ!出品に必要なものもあるよ

 

↓ ↓ ↓

 

出品に必要なものとは?

続きを読む≫ 2015/08/01 11:05:01

 

せどりにに興味がある方がこちらの記事を読まれていると思う。

 

せどりって聞いたことがあるけど、よく解らないという方の為に
「せどり」について基本的なことを解説させていただく。

 

 

 

 

 

せどりとは、
せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、
その手数料を取ること。
また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、
一般的には古本用語を元にした
「掘り出し物を転売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

 

 

 

少し前までは「せどり」と言うと

 

ブックオフで売られている100円の中古本を

 

Amazonで売って利益を稼ぐというスタイルが一般的でした。

 

 

ブックオフせどりともいいます。

 

 

最近は中古本に限らず電化製品や生活雑貨、ホビーなどなど
新品・中古どんな商品でも「安く仕入れて高く販売する」ことしていれば
せどりでビジネスをしていると言うことになります。

 

オールジャンルせどりともいいます。

 

 

 

私もそうですがせどりをしている人たちのことを

 

「せどらー」と言ったりもしています。

 

 

なんかオシャレなネーミングだよね。

 

 

 

また上記にも出てきておりますが、「せどり」とは一言で言うと
「転売」です。

 

 

かっこよく言いますと「バイヤー」です。

 

 

 

せどりには何種類かの仕入れ・販売方法が存在します。
代表的なものを簡単に説明させていただく。

 

 

・店舗せどり:実際に身近にある店舗で仕入をしてAmazon等にて販売する方法
・電脳せどり:ヤフオクなどを利用して仕入れをしてAmazon等にて販売する方法。
・輸入せどり:海外より商品を仕入をしてAmazon等にて販売する方法。
・輸出せどり:国内で仕入た商品をUSAAmazonやeBay等を利用して販売する方法。

 

 

 

どうですか?

 

 

 

せどりも色々あるよね。

 

せどりも本当に色々と日々変化していて、
新しいジャンルや方法のせどりがどんどん世の中に出てきている。

 

 

 

せどりについて少しは理解できましたか?

 

 

あっ!次はAmazonの仕組みを解説するね。

 

↓ ↓ ↓

 

Amzonせどりの仕組みとは

続きを読む≫ 2015/08/01 11:02:01

私は生活していくためにせどりを始めました。

 

詳しくはプロフィールをご確認下さい。
↓ ↓ ↓
プロフィール

 

 

大切な家族のために短期間で集中して頑張りましたが

 

 

けっして私は「運」が良かった訳でも、「特別な才能」があった訳でもございません。

 

 

しっかり、せどりの基本について学び。
お店に仕入れに行って購入した商品をAmazonに納品した。

 

たったそれだけをしただけです。

 

 

こちらの記事をご覧いただいているあなたもせどりについて学び、
きちんと行動さえすれば私と同じように収入を得れると私は信じています。

 

しかし、それなりに「時間」を使ってきたし「努力」もしてきました。

 

せどりの基本を読んで、魔法をかけたように「えいぃ」っと
簡単に出来たわけではありません。

 

そんな「あまいもの」ではありませんということです。

 

 

まぁ〜

 

 

こんな私でも、しっかり学んでそれなりに実践してきて
それなりの実績がでました。

 

学ぶことはもちろん大切だと思います。

 

私が短期間で成果が出せたのは、
何といっても「考え方」と「行動」というキーワード2つが
出来たと言うのが1番大きな要因だと思います。

 

 

この講座では、せどりに関することを説明していますので、

 

「せどり」って何なのかとか

 

「せどり」ってどういう仕組みなのかとか

 

どうやって仕入れてどうやって販売するのか?

 

までを出来るだけ詳しく書いていきますので、
必要な部分だけでもお読みいただければうれしいです。

 

 

 

 

ちなみに、私のせどりスタイルはオールジャンルせどりです。

 

 

主に仕入れているお店は
家電量販店やホームセンター、GMS、ディスカウントストアーなどです。
普通にお買い物しているようなお店で購入しています。

 

せどりの仕組みはいたって簡単です。

 

「安く買って高く売る」

 

これをマスターできるようになると、
あなたもこんな感じでいつも仕入れができるようになります。

 

 

 

 

あっ!せどりを知らない人はこちらも参考にしてね。

 

↓ ↓ ↓

 

せどりとは?どういうものなの?

続きを読む≫ 2015/08/01 10:59:01

 

ヤフオクや楽天オークションなどを利用したことがある方なら
話が早いと思うが、

 

オークションは商品を出品して落札されると
落札者と直接、入金や発送のやり取りをすると思う。

 

 

そして、落札者さんに落札金額を支払ってもらって
それを確認後、商品を落札者に送り、最後に評価をする。

 

このような流れだと思う。

 

自分ですることが多いよね?

 

・出品
・住所等のやり取り
・入金連絡、確認
・発送
・評価

 

正直手間ですし、面倒くさいよね?

 

あみゅーずがやっている、
せどりの場合は、AmazonnoのFBAというものを利用してるよ。

 

 

 

FBAとは
フルフィルメント by Amazonの略です。
詳しく内容はこちらをご確認下さい。

AmazonFBAの詳細

 

 

 

FBAを利用すると

 

・Amazonへ出品して、仕入れた商品をAmazonの倉庫へ
納品する。

 

作業はたったこれだけだよ。

 

 

 

あとは、出品したIDを元にAmazonが商品を倉庫で管理してくれて
自分の商品が売れれば勝手にAmazonがお客様に商品を送ってくるよ。

 

基本的なお客様のやり取りは必要ありません。
また、返品やキャンセル処理も全てAmazonがしてくれます。

 

それで2週間に1度、売れた商品の代金をAmazonが私の口座へ振り込んでくれるので
手間が全然ないよね。

 

その際にAmazonの手数料やら、FBA手数料などは全て引かれるから、
その差額が振り込まれると言う形になる。

 

だから、後ほどAmazonから手数料等の請求も無いから、
私がAmazonに振込んだりする手間も無いんです。

 

 

Amazonには「販売」や「商品管理」、「発送」、「フォロー」までしてくれるので
「手数料」を支払うことになるが、売れた商品代金の約2割程度を払うだけで済むから、

 

外注を使ったと思えば全然リーズナブルだよね。

 

それも出来高だから。

 

詳しい手数料にてついては、こちらから確認してね。

アマゾン手数料について

 

 

 

 

つまり、簡単に言うと手数料を払ってAmazonに自動で売ってもらう。
という感じです。

 

 

ヤフオクや楽天オークションなんかに比べると、
すごく楽だよね。

 

 

あっ!せどりにはツールが必要だよ。

 

↓ ↓ ↓

 

せどりに必要なものとは?

続きを読む≫ 2015/07/28 01:38:28

 
トップページ プロフィール 目次 メルマガ 無料講座 せどりマスター お問合わせ