せどり初心者が月10万円稼ぐ方法

モノレートの見方【画面説明編】

 

一番経験が必要で、仕入をする要である。

 

モノレートの見方について解説する。

 

 

仕入を判断する際にモノレート(旧:Amashow)を使用するが

 

 

このモノレートの見方をマスターすれば、
仕入枠を増やしたり、リスクを回避できたり色々と役に立つ。

 

 

是非、色々な商品をモノレートで調べて、覚えて欲しい。

 

 

まず、モノレートとはどんなものかと言うと、

 

Amazonの商品の状況(過去の販売データ等)を
がリアルタイムで数字やグラフで表示してくれるサイトになる。

 

こちらを確認してみて欲しい。
↓ ↓ ↓
モノレートはこちら

 

 

 

モノレートの一番上にある、商品のグラフ検索の所(赤いまる枠で囲んでいる部分)に
商品名やJANコード、ASINコードなどを入れて検索する。

 

 

 

 

そうすると、調べたい商品が検索されて、データが確認できる。
↓ ↓ ↓

 

 

それではモノレートの画面説明をしていくので

 

自分の調べたい商品のデータを
モノレートをみながら確認してもらうとわかりやすいと思う。

 

モノレートはこちら

 

 

検索するとこのような画面が1番上に出る。
↓ ↓ ↓

 

ここでは@参考価格やA出品者数、B最安値価格、Cランキングなどが
確認できる。

 

 

慣れてきたら、ますはここでさっくりと仕入判断が出来る様になる。

 

 

続いては下にスクロールすると、3つのグラフが確認できる。
↓ ↓ ↓

 

 

上から順番に、

 

最安値のグラフ
このグラフで過去の新品、中古などの価格の推移が確認できる。

 

出品者数の積み上げグラフ
このグラフでは出品者数の推移が確認できる。

 

ランキングのグラフ
このグラフではランキングの推移が確認できる。
ランキングのグラフは下に下がったときが売れたときになる。

 

だからグラフの波がよく上下しているものや、
下の方で、小刻みにグラフの動きがあるものが、売れ筋商品となる。

 

 

またグラフの上に3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月、全期間や
コンディションの新品、中古の切り替えなども出来る。
切り替えることによって、その期間やそのコンディション商品の
グラフのみにも出来るので、是非試してみて欲しい。

 

最後に上のグラフを数値化した、一覧の表がこれになる。
↓ ↓ ↓

 

慣れてくると上記の数字の表が一番仕入をする上での
判断基準の材料になる。

 

 

 

まとめると、

 

モノレートを開いたら、商品詳細画面で全体のデータを把握する。

 

次に、

 

3つのグラフを見比べて、期間の流れを把握する。

 

 

最後に

 

いくらの価格で、どのような推移で販売できているのか、
数字で把握する。

 

 

基本的な流れはこのような感じになる。

 

 

あっモノレートの数字も理解してね。

 

↓ ↓ ↓

 

モノレートの見方【データ説明編】



【せどりマスター第4期生募集】


あなたは利益率40%以上のせどりに興味ありませんか?


私が得意とするリサイクルせどりを中心に
あなたに利益率40%以上のせどりを伝授します。


2017年1月もサポート生を【10名限定】(残り2名)募集いたします。
2017年あなたがせどりで飛躍できるように完全個別指導で私も全力でサポートさせて頂くよ。


興味がある人はこちらのせどりマスター仮予約通信を
登録して内容を一度確認してほしい。


↓ ↓ ↓




あなたのいいねやツイートよろしくお願いいたします!


このエントリーをはてなブックマークに追加   

応援クリックお願いします。あなたのポチッとが励みになります!


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

記事を読んで何か疑問・質問があったら気軽に問い合わせください。
↓ ↓ ↓
お問合わせフォーム


 
トップページ プロフィール 目次 メルマガ 無料講座 せどりマスター お問合わせ