プライベート

寒冷アレルギー(寒冷蕁麻疹)で死にそうになった体験談

 

 

寒冷アレルギーや寒冷蕁麻疹と言う言葉は
あなたはあまり聞かれたことないかな?

 

私はもうこの寒冷アレルギーで10年ぐらい
悩まされている。

 

 

寒冷アレルギー(寒冷蕁麻疹)を簡単に説明すると皮膚が冷えると蕁麻疹が
体中に出てしまうアレルギー。

 

 

なので

 

冬場と夏場はこの蕁麻疹に悩まされてしまうので、
いつも薬を手放すことが出来ない。

 

 

そもそも

 

寒冷アレルギー(寒冷蕁麻疹)がどうして出てしまうか
少し解説すると、

 

皮膚の下の血管周辺にある肥満細胞(マスト細胞とも呼ばれる)が
急激な温度変化により刺激を受け、

 

免疫機能が働いてヒスタミンという化学物質が放出されるので、
体温よりも低い物質に触れたり、温められた皮膚が急に冷やされたり
することで蕁麻疹がでてしまう。

 

 

私の場合はこのような状況で症状が出やすい。

 

  • お風呂から出た後
  • 運動して汗をかいた後
  • 食事をした後
  • お酒をたくさん飲んだ後
  • 夜更かしをした時
  • 気温差がある部屋に入ったり出たり

 

 

症状が軽いときは、手や首のあたりの局部に
蕁麻疹が出る程度で済むが、

 

 

症状が重いときは、体全身にこぶみたいな
蕁麻疹が出たり、瞼や唇などが腫れてしまう。

 

この症状のことをアナフィラキシーと言うんだけど
更に最悪の時は呼吸困難になってしまう。

 

 

実は

 

私もこのアナフィラキシーを過去何度も経験していし
この症状は一瞬で来るから本当に危険。

 

 

1度目は初めての経験だったので、対処も出来ず
危うく死にかけてしまった。

 

 

その時の状況をお伝えすると、

 

寒い冬の夜に接待でお酒を飲んで、少し蕁麻疹が出ていたのだが
薬も飲まずに帰宅した時に起こってしまった。

 

今でも忘れないけど外は非常に寒くて、自宅は暖房がついていて
ものすごく暖かかった。

 

コートとスーツを脱いだ瞬間に、体が悲鳴を上げたかのように
一気にこぶしぐらいの蕁麻疹が体中に出てしまった。

 

やばいと思ってすぐに薬を飲んだのだが、
そのまま呼吸困難で倒れ込んでしまった。

 

呼吸が出来なくなるという事も初めての経験だったので
ゼェーゼェーしながら、俺ってこのまま死んじの?

 

と考えてしまうぐらい苦しかった。

 

 

その時に長男もまだ小学生だったけど倒れた瞬間に

 

 

「おかあさーーーーん」

 

「おとうさんがーーーーおとうさんがーーーー!」

 

と叫んでくれたおかげで、

 

 

奥さんが別の部屋から飛んできて、救急車を呼ぼうとしたときに
急に呼吸が楽になったので、

 

救急車を呼ぶまでには至らなかった。

 

 

私が飲んでいる「オキサトミド錠」と言う薬が
あるのだが、

 

いつも蕁麻疹出るとすぐに飲むようにしていて、
数分ですぐ蕁麻疹も抑えれる即効性がある少し強い薬。

 

おそらく

 

倒れる前に薬を飲んだので、大事に至らなかったと
今思えばそう感じる。

 

 

このような経験をしているので、2度目以降のアナフィラキシー症状の
時は、呼吸困難になる少し手前ぐらいで対処できている。

 

 

もちろん

 

1度目の時も翌朝すぐに病院へ行って診断してもらったのだが、
結局蕁麻疹で片づけられてしまった。

 

 

しかし

 

どうも納得がいかなかったので、その後も色々な病院にお世話になったのだが、
最終的に寒冷アレルギーやストレス性のアレルギーと診断された。

 

 

この寒冷アレルギーもそうだし、ストレス性のアレルギーも
基本的には体質の改善や環境の改善をしなければ治らないアレルギー。

 

 

なかなか今からストレスを感じないところに引っ越したり
仕事を辞めたりなんで、とてもできないので、

 

治すという考えかたから、このアレルギーとうまく付き合う選択を
私はするようにした。

 

 

なので

 

定期的に医者に行って、薬を処方してもらって
この10年間過ごしている。

 

 

このようなストレス性のアレルギーや病気は治そうと思えば思うほど
治りにくいと感じる。

 

 

なぜなら

 

治そうという事自体にストレスを感じるから。

 

 

今回はアレルギーのことをお伝えしたが、
せどりでも同じことがいえる。

 

 

人の目が気になる人などは、店舗せどりが苦手な人が多い。
だったら人の目が気にならない電脳せどりをした方が良い。

 

 

その方がせどり自体も楽しく出来て、実績も早く出せる
可能性が高い。

 

 

でも

 

やはり次のステージに進む時は、自分が苦手なことも
克服していく心構えは必要。

 

私も晩酌を辞めたり、急激な温度変化に対応できる
服装をしたり麻疹が出やす環境を作らないように努力している。

 

 

なので

 

店舗せどりが苦手な人は少しづつでも、最終的には店舗せどりが
できるようになる為にはどうしたらよいか工夫はしてほしい。

 

 

もし

 

せどりで悩んでいるなら、あみゅーずせどりドクターが
あなたを診断するよ。

 

 

あっ!せどりって何だろうと思った人は私のブログを見てみてね。

 

↓ ↓ ↓

 

せどりで1日1万円以上稼げるノウハウ大暴露ブログ

 


あなたはせどりでしっかりと稼げていますか?



せどりをやられている多くのせどらーは


何だか儲かっているのか?儲かって行いないのか?よくわからないとか、
売上はあるのに全然手元にお金が残らず支払が大変。



などなど、感じている人が非常に多い。



なぜなら、


回転重視の利益率が低いせどりをしている人が
多いからなんだよね。



もちろん、


利益率が低くても回転重視で行うせどりは
悪いわけではございません。



でも、

このようなせどり方法は複利を利用したせどりの為、
儲かった資金が、さらなる仕入資金にお金が回っているので、
手元になかなかお金が残らない感覚になってしまう。



なので、


資金が豊富に用意できる方や、月収200万、300万円を目指す方は
しっかりと複利を理解してせどりをすれば問題はないと感じるよ。



でもね、


資金が少なめの方には、正直、この複利という方法では
なかなか思うような実績は出しにくいと感じます。



なので、


あなたが少ない資金でしっかりとまずは
月収10万円を稼ぎたいと思っているのであれば、


あみゅーずが最も得意としている
ROI重視の高利益せどりをオススメするよ。



例えば、


仕入300円→販売3,580円のこの商品とか




仕入500円→販売2,480円のこの商品みたいな




仕入販売が出来るようになることで、
少ない資金でもしっかりと稼げるようになります。



つまり、


支出が少なくて、利益が多い、
ローリスク、ハイリターンのせどり方法になります。



なので、


3万円や5万円の仕入資金でも、
月収10万円稼ぐことが短期で可能ということなんだよね。



あなたがしっかりとまずは月収10万円を稼ぎたいと
思うのであれば、


あみゅーずと一緒に頑張ってみてはいかがかな。


↓ ↓ ↓






あなたのいいねやツイートよろしくお願いいたします!


このエントリーをはてなブックマークに追加   

応援クリックお願いします。あなたのポチッとが励みになります!


にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

記事を読んで何か疑問・質問があったら気軽に問い合わせください。
↓ ↓ ↓
お問合わせフォーム

寒冷アレルギー(寒冷蕁麻疹)で死にそうになった体験談 寒冷アレルギー(寒冷蕁麻疹)で死にそうになった体験談 寒冷アレルギー(寒冷蕁麻疹)で死にそうになった体験談 寒冷アレルギー(寒冷蕁麻疹)で死にそうになった体験談

関連ページ

ラグーナテンボスお買い物の感想
東山動植物園の感想
YouTubeで動画を作ってみた感想
顔面麻痺でイケメンに大変身【大病を防ぐ早めの対処法】
吉本新喜劇を2日間続けて観に行った感想
警察に捕まっちゃった【反則金7,000円でチャンス到来ポジティブに考える】
足助町の香嵐渓に紅葉に行ってきた感想。【自宅から4時間半の渋滞】
小原四季桜まつりに行った感想
息子の学芸会を見に行った感想【自信を持つ大切さを学ぶ】
腰痛・肩こり・頭痛・足のむくみを改善【恐るべしラジオ体操】
岡崎の桜まつりに行ってきた感想【混雑回避の駐車場はここが狙い目】
よしもと新喜劇すっちー最高!【よしもと新喜劇&バラエティーin西尾】
日本モンキーパークで1日楽しんだ感想
西尾祇園祭2016に行った感想
ナガシマスパーランド 息子と二人で遊んだ感想
香嵐渓に紅葉に行ってた感想【渋滞回避の駐車場選択の考え方】
熱田神宮に2017年初詣行った感想。【駐車場選びはどこがよいのか?】
お千代保稲荷(おちょぼさん)の串カツを食べた感想
岡崎公園(岡崎城)桜まつり2017/4/5の開花情報と駐車場紹介
家の庭で育てた地植えブルーベリー収穫の感想
日本3大金運神社の1つ 山梨県新屋山神社に参拝してみた感想
2017年 愛知県豊田市足助町【香嵐渓】紅葉【秘密の駐車場を大暴露】
道頓堀観光の感想・さずが活気がある街だね。【大阪旅行1日目】
よしもと西梅田劇場の感想・思ったより広かった。【大阪旅行2日目】

 
トップページ プロフィール 目次 メルマガ 無料講座 せどりツアー お問合わせ